整骨院 人生に希望が持てました! 経営

From 会社より


こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。


今回は前回の続きでプラスのモチベーションに
ついて触れていきます。


なんどか違う角度で同じことをお伝えしておりますが
大切なことなのでしっかりイメージしてください。


■■■■■■■本日の動画はこちら■■■■■■■

「希望を描く」

【映像】3:59⇒ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


適度な程合いの『脅し』はマイナスのモチベーション、
恐怖の動機づけだと説明しました。


今回は逆です。希望のモチベーションです。


患者さんの頭の中を希望で満たしてあげることで
治療へのモチベーションを高めていくのです。

これはよく宝くじのCMなんかをイメージしていいただくと
わかりやすいかもしれません。

宝くじを買う時の人の心理って

「もしもあたったらどうしよう(^o^)」

「もしもあたったら何を買おうか(^o^)」

「これも買ってあれも買って、、うーむ、悩む」

と希望に満たされて買います。

これを治療院でも取り入れるのです。


例えば、患者さんは来院するときは
なにか生活・仕事に支障があるからきます。


なにか問題を解決したいから
お金を払ってくるのです。


お金を払っても解決したい悩みじゃなければ
治療院にわざわざきませんよね。


だから、まず治ったら何がしたいのか?


治ったらどういった問題が解決するのかを
確認し、治った時の状態をイメージしてもらいます。


ここで、踏み込めるならもう一歩踏み込むわけです。
治ったら○○のほかに○○もできますよね。


同じような症状の患者さんで
治ってからこんなことをしている方もいますよ。


健康になって運動ができるようになったので
痩せてモテモテになった方もいらっしゃいますよ。


仕事がはかどって給料があがったとか、
家族といる時間が増えたなんて報告も受けたことありますよ。


など、患者さんが潜在的に抱いている問題の先に
さらなる希望を提示してあげるわけです。


そうすると、、、


「ああ、、、そうかこんなこともできるんだ」

「気づかなかったけど、こういうよいポイントもあるんだな」


とプラスのモチベーションが高まっていくのです。


まとめますと、


患者さんが気が付いていない希望まで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
頭に描いてあげることでモチベーションがUP
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなんですね。


是非、試してみてください。

=====================================

2012/12/07 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ