接骨院 脅されました マーケティング

From 中野ルノアールより


こんにちは、治療院集客株式会社クドケンの工藤です。


本日は、患者さんは適度に脅してあげたほうが
まじめに通ってくれるという話をします。


僕のエステでの実体験をもとにお届けしますので
ご自身の手技やオリジナルパターンを考えてみてください。


■■■■■■■本日の動画はこちら■■■■■■■■

「適度な脅しを使う」

【映像】3:22⇒ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ある池袋にあるメンズエステサロン、
僕は1000円お試しということで
断ることを前提に行ってみることにしました。


施術内容は1時間しっかりやってくれて
肌も明るくなったような気がしました。


途中、毛穴からでる汚れや油をわざわざ見せてくれて
いかに肌が汚れているのかということをアピール。


毎日のケアなども細かく聞かれ
いろいろアドバイスを受けました。


そして、問題の『脅し』です。


このまま放っておきますと実例ですが、、、
と毛穴が開いたニキビ面の男性の写真が数枚、、、


また、日常のケアだけでは
こうなる可能性があるという事も
コンコンと説明されました。。。


僕は、、、

「まじかーこんなんにはなりたくないな」

「お金はないけど回数券買ってしまおうか」

と本気で悩みました。


結果、お金が無さすぎて諦めましたが
すこしでも余裕があったら○○万円する
回数券を買ってしまうところでした。

つまり、『脅し』が購買意欲を掻き立てたのです。

CMでもよくありますね。

「その汚れほっといていいんですか?」

とイメージで汚い写真やイラストで脅してきます。


治療院もよい意味でこの『脅し』をうまく使っています。


「いまこのタイミングでここに来れてよかったですね」

「もし、このまま我慢していたら
もしかしたら○○になっていたかもしれませんよ」

「以前、○○さんと同じような職業の方で
もっとひどい状態になってしまった方がいましたよ」


などと患者さんに悪化した状態、最悪の事態を
""イメージさせる形で""教えてあげるのです。


できればエステの時のように、写真やイラストで
理論的に客観的にわかりやすい説明がいいでしょう。


患者さんは脅されることで『ヤバイ!』と気付き、
本気で何とかしようとまじめに治療院に通ってくれます。


もちろん、ウソをついて脅してはいけませんが、
その可能性があるということを教えてあげるのは親切です。


これをマイナスのモチベーションとか恐怖心の動機づけ
と呼びます。


これに対して、プラスのモチベーションや希望の動機づけ
というのもあります。


これについては次のメルマガでお伝えしたいと思います。

=====================================

2012/12/05 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ