整骨院 ほんとーーに"欲しい"もの 集客

From 中野の自宅より、、、、

こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。

本日は、「患者さんが求める結果を売る」という話です。


治療家は治せばいいと思っているので、治療を売ります。

でも、患者さんは治療そのものよりも
その先の良い未来体験が欲しいのです。


ここを解説していきたいと思います。


■■■■■■■■本日の動画はこちら■■■■■■■■■

「治療ではなく体験を売る」

【映像】4:48⇒ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

治療家さんは手技を極めたいと思っています。


治すことが仕事で治すことさえできれば
患者さんは満足すると考えています。


だから、ホームページ、チラシ、治療の説明、問診などが
治療法や技術の話に偏っている場合があります。

「当院の手技はこういう特徴で○○がいい」

「○○回通えばよくなる」


と治療の話をします。


患者さんもなにも違和感ありません。
これはこれで正解です。

しかし、もっともっと患者さんの治療への意識を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高めてリピート率をあげて紹介まで促す方法があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それが未来の体験を売るということです。


これは、セールスの世界では常識であり
よいセールスマンは必ず見込み客に対して
こういったセールスを行っています。

『患者さんの本当の目的はなんですか?』


治療家さんに答えを聞くと。。。


A、体を治すこと


になります。でもこれは50%正解です。

正しい答え、患者さんが本当に求めているものは
未来体験なのです。

よく考えてください。


人は体験がほしくて商品を買うのです。


逆に体験を売れずに商品そのものを売っていると
商品は売れなくなります。


どういうことか、、、

例えば、車の販売について体験と商品の違いを
考えてみましょう。

【商品を売る場合のセールス】


この車は最新の技術を搭載して、
○○というコンピューターと安全性、
排気量は○○CC、スピートは○○キロまででます。

カーナビも最新で細かい道や
混雑状況もリアルタイムに教えてます。


車内設計○○タイプで広く作られており、
ファミリーでも十分使える人気の車です。

【体験を売る場合のセールス】


この車は女性でも運転しやすく小回りが利きます。
ちょっと運転が苦手なお母さんも楽々車庫入れができます。

ナビもとても見やすくて、
地図が苦手な方でも旅行や買い物まで
迷うことなく行くことができますよ。

また、空間も広く作ってあるので
家族でBBQや旅行、ワイワイと車内で
騒いでも狭く感じることはありません。


いかがですか?


上の文章が商品を売っている状態です。


下の文章が体験を売っている状態です。


商品の特徴やメリットではなく。
見込み客が欲しい未来体験を前面に
伝えているのです。


その結果、お客さんはこの商品を
手にしたときの明るい未来をイメージして
その商品を買いたいという欲求が高まってきます。

まさに、商品ではなく体験を売っているということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ジャパネット高田のテレビセールスを
見たことあると思います。


ビデオカメラの販売の時、
高田社長はあまり製品の性能については
それほど語りません。


高田社長は未来体験を語ります。


「このカメラは遠くまでしっかり撮影できますので
ほら、お子さんの運動会、家族旅行などにいいですね」


「お孫さんとの思い出をボタン1つで簡単に
撮影できますし、軽いので旅行にも持っていきやすいです」


とお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが
このカメラを使って得たい未来体験をイメージさせています。


製品の機能・性能を売っても
テレビを見ている人はこのカメラを欲しくならないんです。


人は、頭の中によい未来体験をイメージさせることで
感情が動きます。 手にしたいと思うのです。

治療家さんの会話やホームページをみていると
こういった治療法や体のことばかりに
なっているケースがよくあります。

実際の治療院では、
患者さんの症状そのものではなく、
その患者さんが治ったらしたいこと、
手に入れたい未来体験をイメージしてもらいます。

○○さん、この腰痛が治ったら
なにかしたいことがあるんですか?


○○さん、この部分がよくなったら
どんなに楽でしょうかね。

旅行とか行かれるんですか?

子どもさんとじっくり遊べますね。

と欲しい未来を患者さんの頭に中に
イメージしてもらいます。

そうすることで、治療へのモチベーションが高まります。

大事なことは、自分の会話、媒体が患者さんの
頭の中に何をイメージさせているのかを考えることなんですね。

治療家といえども、自分の治療をしっかり売る(セールス)
必要があるのです。

価値をしっかり伝えることが患者さんを
助けてあげることにつながるからです。

よい治療家さんはこういったことが
自然にできていることが多いのでちょっと注意してみてください。

=====================================

2012/10/31 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ