整体院 経営 患者さんが前のめりで治療をうけたがるモチベーションUP

こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。

本日は、「患者さんの治療に対するモチベーションをあげる」
というテーマでお伝えします。

本日の動画はこちら=====================

「治療モチベーションをあげる」

⇒ 

音声のみはこちら...

http://kudokenn.com/music/motibe.mp3


==========================================================


ここで「患者さんの治療モチベーションって何?」と思う先生は
ちょっと危険です。

患者さんの症状・痛みを治す言葉ばかりにフォーカスしています。


治療院の仕事は痛みや辛い部分を治して健康になっていただくこと
それは間違いではありません。

患者さんも治療院にくると「ここが痛いんです」
「ここが辛いんです」と話してくれるはずです。

そこで、重要なことは治療というものに対して
患者さんの治療に対してもモチベーションを上げてあげることなんです。

モチベーションが上がると、、、


・どうしても治したいという思いが強くなって、
先生の言う通り治療院へ通ってくれます。


・自費治療や上位治療メニューにお金を支払いやすくなります。


・本気で治したいという思いが強まるので治療効果があがります。


というメリットがあります。

リピート率が高い治療院やゴットハンドと呼ばれるような先生は
自然とできているケースが多いのですが、
ちょっとしたコミュニケーションなんですね。

治療モチベーションを上げる方法は簡単です。

患者さんがなぜ治療したいのかをしっかり聞いてあげること
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そしてその価値や未来像をしっかりと再認識してもらうこと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


患者さんは黙っていると、痛い部分しかいいませんよね。

「ここが痛い」「ここが辛い、何とかしたい」、、、

でも、奥底には『治したい理由』がありますよね。

男性だったら、腰痛が辛い ⇒ 仕事を頑張りたい

       肩が痛い  ⇒ ゴルフをもっと頑張りたい

       膝が痛い  ⇒ 子供と遊びたい


女性だったら、肩が痛い  ⇒ 家事をがんばりたい

       頭痛    ⇒ ぐっすり眠りたい

ご老人だったら 膝が痛い ⇒ 旅行にいきたい

腰が痛い ⇒ 孫を抱っこしたい


いろいろあると思います。

大切なことはカウンセリングや問診の時に
この潜在ニーズをしっかり引き出してあげることです。

先生側

「腰が痛いということですが、
治ったら何かしたいことなとあるんですか?」


患者さん

「実は仕事中痛くて夜眠れないんですよ」
「翌日に疲れが残って仕事にも支障があるんです」
「大好きなゴルフにも最近いけなくなりました」

となった場合は


腰を治したい ⇒ 仕事をがんばりたい・ゴルフに行きたい


というニーズがあることがわかりました。

そしたらここに希望と明るい未来を見せてあげるんです。


「○○さん、もしこの痛みがなくなったら、
また毎日ぐっすり眠れて、仕事もバリバリできますね」

「お子さんがまだ小さいようなので頑張りどきですよね」

「また仕事がんばって家族サービスもできたら、お子さんも喜びますね」

「しっかり治してゴルフも仕事も家族も大切にしたいですね」

「まず、○○回くらい通って様子をみましょう。」

「きっと改善されますよ、一緒にがんばりましょう」


このようにしっかりとこの治療を受けて痛みや辛さが
亡くなったときの明るい未来像を改めてこちらから
患者さんの頭でイメージしてもらうのです。

これは、できる営業マンが商品を売るときに使う基本スキルですが、
治療院でも治療を売っていると考えるのと同じです。

自分の治療を受けることであなたにどうったメリットがあるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をしっかりと認識してもらいます。

そうすると、治療に対してモチベーションがグンっとあがります。

そうすれば先に上げたようなメリットが治療院側にもありますし、
患者さんとしてもしっかりと治療という
目的を達成できるメリットがあります。

ご自身の問診やカウンセリングを見直し
患者さんの潜在ニーズをしっかり聞きだし
患者さんの望む未来を描かせているかもう一度見直してみてください。

患者さんの治療に対する態度が変わってくるはずです。

=====================================

2012/06/15 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ