整体院 集客"売り込まずに高額自費治療を売る"歯科医の秘密

こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。

メルマガの件名を見て違和感を覚えたかもしれませんが、
これは僕がいつも言っている「他業種に学べ!」ということなのです。


歯医者業界も飽和市場であり自費診療をいかにとるかという事に悩んでいる業界です。


本日の動画はこちら========================

「院内ポップ(ポスター)で労せず売上やリピートを上げる方法」

⇒ 


音声のみはこちら...

http://kudokenn.com/music/sikai.mp3

=====================================================

今日お教えする方法は、


「売上、リピート率が上がります」


「先生やスタッフの方から売込んだり説明したりする必要がないので気が楽です」


「しかも、安上がりにしようと思えば安上がりで済ませることができます。」


今時の繁盛している歯医者さんの多くは保険診療ではなく、自費診療の患者さんを増やす工夫をしています。


※歯医者さんにおける保険診療とは分かりやすく言えば虫歯の治療、
いわゆる銀歯を使うことです。


一方の自費診療では、銀歯ではなく審美的にも健康的にも優れているといわれるセラミックなどと呼ばれるものが該当します。

この銀歯とセラミック、、、

価格差がかなりあります。

銀歯は保険が効くので治療費もたかが知れています。
(だいたい数千円程度)

セラミックの方はと言いますと安いところでも1本だいたい三万円くらい、
高いところだと十万円近くもするのです。

こんなにも価格差がありますので普通の人はよほど目立たない位置の
虫歯ではない限り銀歯を入れたがるかと思いきや、
繁盛している歯医者さんは上手にセラミックを売るのです。

それも、歯医者の先生や歯科助手からの積極的な売込みは無しで・・・
では、一体どうやって高いセラミックなどを患者さんに選んでもらうのか。

それは、、、


待合室や診療室に貼ってあるポスターの力です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(「院内ポップ」と言います)


どのようなポスターかと言うと簡単にいえば、


【銀歯とセラミックのメリット、デメリットが分かりやすく比較されたもの】

そこでセラミックの良さを知ってもらい、銀歯のデメリットを知ってもらって興味付けをします。

この物言わぬ営業マンである院内ポップの使い方がうまい歯科医院は
しっかり繁盛しているものです。

友人が歯医者に行ったときの話がとても良いので例としてお伝えします。

待合室に院内ポップがあるのはもちろん銀歯やセラミックが
数種類記載されたメニューブックを先生から渡され、それぞれの
メリット、デメリットを説明されたそうです。


最初は歯についての知識がなかった彼は、

「銀歯でいいや」

と思っていたそうですが、ポップとメニューブックと先生のトークに
教育された結果、セラミックにしたそうです。

※僕が訪ねてもいないのに銀歯の危険性について熱く語ってきた彼は
見事にその歯科に教育をされてきたと言えます。

是非あなたも歯医者さんに行く機会があれば院内を良くチェック
してみてくださいね。


待合室にいろいろ自費診療をとるためのポスターがあるはずです。


ちなみに歯科業界も治療院業界と同じで、


===================================

「高いものを売るのに抵抗がある」

===================================


という先生の歯科医院は繁盛しません。
これももう何回もお伝えしていますが、日本人はどうしても


「高いものを売る=自分が儲けるため(悪いこと)」


という風に考えてしまう人が多いのですが、決してはそんなことは無いという事を思い出して下さいね。


ちなみに院内ポップ制作をする際のポイントは、


「読めるサイズにすること」


です。


どういうことかと言うと、ポップ(ポスター)の近くに行かないと
読めない文字サイズではなく、待合室で座っていても、
診療室で着替えている最中や治療家が診療室に
入ってくるまでの間にベッドに腰掛けながらでも読めるサイズ
にすることです。

ちなみに僕が通っているメンズエステでは施術室にA1サイズ(59.4 × 84.1 センチ)のブラックボードに


=======================================================
・今月のキャンペーン情報

☆ヒゲ脱毛が○○日までのお申込で○○%オフ☆お申込・詳細の確認はスタッフまで!!!
=======================================================


と書かれていました。


僕はヒゲの濃さでは特にこまっていないので申し込みはしませんでしたが、
エステティシャンのお姉さんに


「これを見て申し込む人っていますか?」


と質問してみたら、


「7人に1人くらいはいる気がします」


とのことでした。


これってすごいことなんです。


特に口頭でセールスや解説をしているわけじゃないのに、
興味をもった方が自主的にそのポップについて聞いてくるんです。」


これを治療院で応用するとどんなことが
考えられるでしょうか?


==================================================

・回数券を購入するメリットを伝えて回数券購入を促す。


・おすすめコースのメリットを伝えて次回、そのコースの申込や、
時間延長、メニュー追加を促す。


・院内で販売しているサプリやお茶や治療に関する道具のメリットを伝えて
購入を促す・・・

==================================================


先生のアイディア次第で無限大です。

クドケンメルマガをご覧の先生は屋外の看板やチラシ・HPなんかには
すでに力を入れてくれていることだと思いますが、


屋外ばかりに注力するのではなく、院内の方にも目を向けてみてください。


ちなみに僕の好きなアメリカのマーケッター、
ダン・ケネディはこう言っています。

===============================================

「同じ業界の中だけで勉強しているとバカになる」

===============================================

業界内でパクリ合って、業界全体が自滅していく状況のことを、
彼はマーケティングの近親相姦と呼んでいます。

治療バカを抜けて経営に燃え始めた治療家が
陥りやすいのが同一商圏内のライバル院のネタ集めです。

もちろんネタを集めるのは良いことなのですが、
それをそのまま真似るのではスマートとは言えません。


真似た上で、更に上を行くようにぜひ一工夫加えてください。


そうでなければまさにダンケネディの言う、
マーケティングの近親相姦に陥ってしまいます。

そうならないためには今回のように、他業種の成功事例を研究し、
自分の院にどのように応用していくかを考えてみてください。

それでは「院内ポップ(院内ブラックボード)」を是非お試しください。

=====================================

2012/05/18 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ