ダメ整体院の売上げを50万円から200万円に上げた方法

From 中野のスターバックスより...

こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。

本日は顧客管理システムを効果的に使って
売り上げを400%にした整体院さんの成功事例をお話しします。


================================================

三年で売り上げを4倍にしたダメ整体院の復活劇の裏側

本日の動画はこちら...

================================================


これは弊社で販売していいる治療院専門の顧客管理ツール
「囲い込み職人」を開発している開発会社が経営している整体院の話です。

まず最初にお話ししておきますが、この整体院では


・手技を大きく変えた

・設備を大きく変えた

・店舗を改築した


など、は一切していません。

本当に一般的な売上不振で閉店間際だった治療院に
顧客管理システムを導入し内部の改革によって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当時の売上約43万円(2008年8月)から月平均約160万(2010年)
※最高202万円(2011年8月)


まで3年で400%売上を上げることに成功した事例になります。


ちなみにこの店舗を運営している開発会社さんは
元々販売管理システムを作っている会社で
治療院業界とは全く無縁の関係でした。


たまたま、知人の整体師さんから売上不振で
閉店する治療院があると世間話程度に聞かされ
この店舗を譲り受けることになったそうです。


こちらの店舗は都内にあり急行も準急も止まらない
どちらかというとマイナーな小さな駅...


周辺には接骨院・整体院・カイロ
などライバルが10店舗以上ある競争が激しいエリアにあります。

当時、このダメ整体院の社長さんがまず最初にしたことが
周辺店舗を徹底的に調査することでした。


全ての店舗を回り切りとても不思議に思ったことが
一つあったそうです。(いわゆる覆面調査です)

それは・・・

顧客リストを全く活用していない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全ての店舗でカルテ・問診票に名前、住所、生年月日、電話番号など
を記入したにも関わらず、何ヵ月経ってもDMやハガキなど
どのお店・治療院からもアプローチがないことでした。


つまり・・・

カルテがただの名簿になっていたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他の業界から見ると顧客情報を活用しない事は異質でした。

もともと一般企業の顧客データベースをつくり、
マーケティングに活用するのが本業である社長さんには驚きでした。

そこでまず店舗のスタッフに情報は財産という考えを
徹底的にスタッフ認識させたそうです。


自分の整体院でも患者さんの情報を顧客管理システムを使い
情報を整理していく中で、様々なことが分かってきました。


具体的に言いますと、


・顧客単価


・リピート率


・男女比


・年齢層


・来店エリア


・集客媒体別エリア集計


・何日来店していないか


等々、紙・エクセルでは管理しにくい患者さんの情報が
続々と見えてきたのです。

それはまさに、データ化することで初めて分かる部分だった訳です。

紙でバラバラと保管してあっても
全体的な俯瞰にはつながらないのです。

また、数字を意識することによって売り上げを伸ばすために
何をしたらいいか具体的に見えて来る訳です。

自然とスタッフ行動や考え方が自然と変わってきたそうです。

「売上が悪いのは自分たちの腕が悪いから・・・」

「腕が上がれば絶対売り上げは上がる・・・」

こう思っていたスタッフ達の意識が変わり


「良い技術を習得してもその技術を使う為に
集客を考えなければ意味がない」


治療技術がしっかりある上に顧客管理、集客、マーケティング
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が大事だということを気付かせたわけです。


顧客管理システムを導入することにより、
DM・誕生日ハガキ・サンキューメールはもちろんのこと


既存の顧客リストに対してピンポイントで
キャンペーンやイベントを実施できるようになりました。

そして、スタッフ別にリピート率や単価、指名の
割合などを分析し、患者さん・客さんに対しての接し方や
手技レベルの統一・改善に役立てていきました。

いかがだったでしょうか?

3年で売り上げ400%といっても
すごい裏技があったわけではなくて
地味に既存患者さんを分析し、改善、
アプローチの改善を続けてきた結果なのです。

特別な手技があるわけでも、
立地がいいわけでもありません。

ただ、顧客管理というツールをうまく使った結果なのです。

今回ご紹介した事例は顧客管理システムを導入することに
よって周辺のライバル治療院と差別化に成功した方法です。

顧客管理の重要性がわかって頂けたと思います。

=====================================

2012/02/13 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ