患者さんにコレをきち​んと聞いていますか?

From 中野のスターバックス...


こんにちは、治療院WEB集客のクドケンです。
本日はCRM(顧客管理)で必要な情報についてお話します。


========================================

本日の動画はこちら...

「顧客管理に必要な情報」

↓↓↓

音声のみはこちら...

http://kudokenn.com/music/kokyakukanri.mp3

========================================


先日、京都の怪物と呼ばれる馬越先生の
ブランディングセミナーに参加してきました。

年商五億の整骨院グループを5年でつくりあげた
馬越敬一のブランディング繁盛術は
来週には無料公開いたしますね。

そこで思ったことは、やはり仕組みで繁盛
している治療院は顧客管理とその後の戦略が
しっかりしているということです。

やはり繁盛している治療院さんは
患者さんの心を掴んで離さない仕掛けがあります。

例えば、サンキューレター、誕生日カード、ニュースレター等は
基本セットで当たり前だったりします。

中にはニュースレターとは別に、定期的に来院動機を
思い出してもらうハガキやDMを作っている
治療院さんもあります。

ここで必要になるのが、マーケティングに役立つ
顧客情報というものです。

通常の治療院さんであれば、
名前・住所・電話番号くらいは取得しているはずです。

あとは問診票やカルテに来院時の疾患や症状名を
書いて記録してあると思います。

でも、でも、でも、でも...
これだけでは足りないのです!

集客に活用する顧客情報としてまず必要なのが


1、メールアドレス

2、家族構成・趣味・生活習慣など


です。

顧客管理をするうえで「顧客の情報はすべて宝」と
いう認識を持ってもらいたいです。


治療に必要な情報だけでは、
集客を考えるとちょっと足りません。

1、メールアドレスについては、
意外ときいている治療院さんは少ないと
思いますが、かなり重要です。

できれば携帯メールのほうが良いと思います。

なんといってもメールは即効性があって
無料で送ることができます。

ニュースレターやDMというのは
確かに強力な集客力と関係構築の役目を果たしますが
手間とお金がかかります。

一人先生や忙しい治療院の先生では
正直なところハガキやDMを出している時間すら
とれない先生も多いと思います。

メールであれば、文字を打って送るだけです。

一括配信ソフトなどを使えば
一度に何百人という既存患者さんにメールを
送ることができます。

ハガキであれば50円~
DMであれば80円~
メールであれば0円~

患者さんは自分の治療院の事を
忘れる生き物であるということを知ってください。

一番の顧客流出の理由は「忘れること」です。

忘れられないためには、
定期的に接触していくことが重要です。

とにかく接触頻度を増やして
患者さんを気にかけてあげる必要があります。

患者さんとしても、治療院側から自分のことを
気にかけてくれるコンタクトであれば嬉しいですし、
内容によってはそれだけでファン化していくのです。


2、家族構成・趣味・生活習慣など

これについても同じで、
患者さんのことを深く知ってあげることで
信頼関係を構築しやすくなります。

治療院側としても、患者さんの事を深く知ることで
症状が起きた原因や改善アドバイスをより細かく
することができます。


患者さんとしても自分のことをしっかりわかってくれる
治療院さんだなと安心感を持って接することができるのです。

また、次回来院の際に会話に困ることもありません。

「前回、風邪を引かれていたお子さんはその後どうですか?」

「趣味のゴルフはその後どうですか、スイングで痛みは出ないですか」

などと自分のプライベートな事を心配してくれたり、
会話にいれていくだけで信頼性がどんどん増していきます。


自分のことを大勢いる患者さんの中の
一人の患者さんとして扱ってくる治療院

OR

自分の家族構成や趣味や生活まで理解してくれて
気遣ってくれると感じる治療院

あなたならどっちに行きたいと思いますか?


また、ハガキやDM・ニュースレターなどで
ちょっと気遣いをしてあげると喜びますよね。

オリジナルの手書きの一言メモなんかを入れてあげると
やはり患者さんはうれしいものです。


こうやって接触回数を増やしながらも
顧客情報をうまく活用しながら患者さんを
ファン化していくのです。

こういった積み重ねが患者さんと心のつながりが強い
盤石な繁盛治療院を作っていくのです。

是非、今までの聞いている情報以外にもこういった
メールアドレスや一歩踏み込んだ個人情報を聞いて
記録していってください。

この情報は治療院の財産になっていくと思います。
顧客情報は治療院の経営の要です。

できれば一元管理できる顧客管理ソフトなどを使うと
便利で長期的に見てかなりのリターンを生んでくれます。

株式会社クドケンで開発を依頼した

患者様情報管理ソフト「囲い込み職人」

まもなく正式リリースさせていただきます。

=====================================

2011/11/17 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ