患者さんリストからす​ぐに売り上げを上げる​顧客管理術

From 中野のスタバより...


こんにちは、治療院WEB集客のクドケンです。


本日は顧客管理(CRM)マーケティングについて
お伝えします。

===============================================

本日の動画はこちら...

「CRMを活用しよう」


音声のみバージョンはこちら...
http://kudokenn.com/music/crm.mp3


===============================================


治療家の先生がCRMって聞きますと、はてなマークが
いっぱい出てきますよね。

治療院経営者様にわかりやすく言うと、CRMとは要するに


既存患者さんの顧客情報を活用して、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長期的なお付き合いをしながら、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ずっと自分の治療院に通ってもらえるようにする
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということです。


今までの治療院経営では""顧客管理""という概念がありませんでした。


患者さんは痛い時・辛い時に来て
治れば来なくなる、そしてまた痛くなったら来院する。


これが当たり前でした。

病院と同じような考え方ですね。

病院には基本的に病気にならないと
いきませんよね。

それと同じような考え方で来てしまったのです。

確かにこれが理想ですよね。


治療院側からアピールしなかったとしても
患者さんが必要な時に、自分の好きな治療院に行く。

この状態で、治療院がいつもいっぱいで
痛みや辛さから解放してあげて、先生も感謝されるスパイラルです。

しかし、、、

現実はどうでしょうか?

・患者さんは一度来たとしてもリピートしない...

・新規が少なくて、来院延べ人数は年々減少...

・売り上げが安定せず、来月、再来月が不安な日々...


こんな治療院経営者様も多いのではないでしょうか?


新規集客に関しては、
ホームページやチラシ・店頭集客などを強化するしかありません。

治療技術を強化するのは時間がかかりますよね。

だから、正直な話一番簡単に売り上げを上げられるのが
既存顧客からの集客なのです。

つまり、一度来ていただいた患者さんに
もう一度自分の治療院に来ていただけるように
意図的に仕掛けていくということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


意図的にですよ。

まず、患者さんに忘れてもらわないように
定期的にコンタクトを取る事。

そして、定期的に通うための理由【オファー】を
提供してあげること。

定期的なコンタクトに関しては、
ニュースレターや季節の挨拶ハガキなどが最適ですね。


患者さんを呼ぶための理由【オファー】に関しては
ちょっとした割引や、プレゼント、イベント告知などです。

どこも痛くないし、辛くもない患者さんを
治療系の治療院に呼べないという思い込みがあると思います。

でもメンテナンスや体チェックという概念を
しっかりと初診の時に伝えておけば患者さんは
喜んで来院してくれるようになります。

こういった施策を行っていく時に
必ず必要なのが顧客管理ですね。

名前・住所・年齢・電話番号はもちろんですが、
携帯のメールアドレスやその他の個人情報を
しっかりと集めて一元管理していかなければなりません。

紙媒体での管理は人数が多くなると
不可能になりますので、
最低でもエクセルでしっかりまとめておいてください。

この既存患者さんのリストが
治療院の経営資産なのです。

近々、顧客管理のやり方・取るべき情報・
活用事例などをまとめた無料動画セミナーを
公開したいと思います。


今しばらくお待ちください。

=====================================

2011/11/10 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ