治療家の現実VS患者さんの現実のギャップをなくす方法

こんにちは、治療院WEB集客で日本一のクドケンです。

テレビでは海老蔵と北朝鮮の問題がメディアを
賑わしていますね...

でも忘れてはいけないのが尖閣諸島の中国側との領土問題が
2週間前までは日本国民の感情を支配していました。

人間心理とは不思議なもので、
すでに関心がなくなって忘れていた人も多いと思います。

メディアでも取り上げられることがなくなりましたね...。


あなたも、もしかしたらyoutubeで衝突映像を
ご覧になりましたでしょうか...

このあたりですね
http://www.youtube.com/watch?v=JJTVxpwNlSw&feature=related
※今みたら中国の方のコメントがほとんど消えておりました

僕もトビトビになりますが、一通り拝見しました。
僕は日本人なので明らかに中国側の漁船が日本の巡視船に
故意にぶつかってきたように見えます。


そして、インターネットを深く検索すると
真実なのかわかりませんが実は日本海上保安庁側の人間が
1人死んでいるという情報すらあります。

気になる方は

「尖閣諸島問題 海上保安庁 死亡」

などで検索するといろいろ情報が出てきます。

コレについては政府も情報封鎖しているようで
真意かどうなのかは一般庶民レベルではわかりません。


いずれにせよ、日本人であれば中国側に対して

日本の領土に入ってきて、逆ギレしている体当たりしてくる
中国側の船長に怒りを感じていると思う。


そして僕も同じような感覚を持っている。

そこで注目すべきはyoutubeのコメントだ...。

youtubeのコメントをよく見ると海外の人のコメントや
中国人側のコメントもちらほらある。


中国側からみると


「中国領土に勝手に侵入してきた日本巡視船に体当たりして
なにが悪い。先に侵入してきたのは日本側だ」

という主張の一点張り。


「船長は英雄だ...」


とまで書かれているものもある。


こういったコメントを見ると日本のナショナリズムを持つ国民は


「なんて身勝手な国だ...」
「だから中国人は...」


このような話になりがちだ...

【しかし...】
【しかし】である。

昔なにかのセミナーに出たときの聞いた言葉を思い出した。

「真実は1つしかないが、事実は1つではない」


僕は政治に詳しくないし、
尖閣諸島が本当は日本領土なのか中国領土なのかは
まったくわからない。

しかし、中国側の人間の立場に1分だけ立ってほしい。
中国では尖閣諸島(釣魚島)は中国領土であると教えられている。

もちろん中国人であればそれを疑うものはいない。


日本人が尖閣諸島が日本領土であると思い込んでいるのと
まったく同じように...

つまり、中国国民としては自分たちの領域に日本側が
先に入ってきた。


それに対して抗議した漁船は正当な理由があり、
自国の領土を主張した英雄なのだ...


船長が酒に酔っていた...札付きだったという報道もあるが...
それは真実なのかどうかもわからない。


===大切なことは中国側には中国側の事実がある===

===当然、日本側には日本側の事実がある。===

真実はどうなのかは庶民レベルでは知るすべもないが...
事実は2つあるということだ...。


人間はどうしても自分側の事実を優先して、
自分の今の現実を事実と捉え、視野を広くすることなく
自分の事実の中で判断してしまいがちです。

自分の現実を正当化し、自分の価値観と自分の事実の中で
判断してしまいがちなものです。


しかし、よく考え相手の立場に立って考えてみると
まったく違う現実が見え、感情までも変わってしまうことがあります。

いわゆるパラダイムシフトというやつです。
http://bit.ly/gBJlWt


実はこのような【事実の違いによるすれ違い】は
治療院経営・集客でも起きています。


治療家の現実として...

・誰もが自分の治療法はすばらしく、
患者さんを治せるものだと思っている...


・自分の治療技術はすばらしく、自信もある、
そして毎日患者さんと向き合って患者さんの笑顔を作ってきた...


・自分の治療に対する思いは、誰にも負けず、
患者さんによい治療を提供することが自分の使命だ


・1回でも自分の治療を受けてくれたら、
必ず自分の良さを分かってくれてリピートしてくれるものだ


・自分の治療技術は地域では1番のはずだ...

自分で開業している治療家であれば、
このように思っている人は多いと思います。

これが治療家の現実です。

しかし、患者さんの現実としては


・どっか評判のいい先生いないかなー

・ホームページ見てもどこがいいのか、
何が違うのかわからないなー、どこも良いことばかり...

・肩こりと言えば、マッサージや整体かなー

・鍼灸って痛くて熱いでしょ!テレビで見たことある...

・整体ってバキバキして、ボキボキで痛いんでしょ。

・整体院とかでセクハラとかもあるって聞いたことあるし...

・結局、近場だったらどこいっても一緒でしょ。

・チラシとかよく入っているけど、怪しいよね...


業界として治療系と慰安系の区別がつきにくいのも問題なのですが...
こんなところが現実ですね。


つまり【治療家が見ている現実】と【患者さんが見ている現実】は
【全く違う】ということです。

では、この「現実のすれ違い問題」はどうすれば解決するのか?


治療院の先生側として、


「俺は腕がよくて、資格も取って、セミナーにもでて
治療にこんなに情熱を持っている【先生】なんだから、
とりあえず診てやるからきてみろ!」

患者さん側として

「感じ悪い傲慢な先生はいや、本当に腕はいいの?証拠は?
うちの近くの整体院と何が違うの?
雑誌に出ているような先生いないかな...」


「治療家って結局、医者とは違うんでしょ」


「値段が安いところだっていっぱいあるでしょ」

こんな【現実】同士でぶつかっては中国と日本の外交になってしまいます。
お互いが譲らず平行線を辿り続ける...。


こういった場合は相手の現実を受け入れて、
自分が相手の現実に合わせたメッセージを送らなければ
まったく通じません。

治療院経営でいえば、患者さんの目線で【患者さんの現実】を
受け入れて、患者さんの現実に沿って導かないと話が始まりません。

そう、「導く事」が重要です。

自分の正論を振りかざしても、自分の事実の上では正論かもしれませんが
話は進みません。


目的は目的に辿り着くことです。
=======================

治療家の目的は、


「すこしでも多くの患者さんに自分の治療を提供し、
悩みを改善し、喜んでもらうこと」

そのためには、


患者さんの現実を受け入れ

患者さんの心を開き

患者さんに共感し

患者さんの問題を一緒に確認し

患者さんと一緒に問題解決に向かう


ことしかありません。


自分の現実・正義も重要ですが、
目的を達成することのほうが重要です。


例え、自分の治療家が本当にすばらしいということが、
真実であっても患者さんから見て分かる状態でなければ意味がありません。


今回の中国側との問題にかんしては、どこまでいっても平行線を辿りますが
治療院集客の場合はすぐに解決します。


それは患者さんの現実・相手の現実を真剣に考え
自分が大人になって相手の現実に合わせて一緒に
目的まで導く必要があります。

あなたは自分の価値観・現実を相手に押しつけていませんか?


あなたは自分の正義を押しつけていませんか?


あなたは患者さんの現実が見えていますか?

もし、そうであれば目的を達成することは出来ないかも知れません。

自分の事実を主張し続けることと、
繁盛治療院を作るという「目的」を達成することのどっちが大切ですか?


目的を達成するには患者さんのほしい情報をほしい状態で
わかりやすく伝える必要があります。


治療院側の思いや【現実】は一度でも来院してもらえば
伝わるからです。


あなたが本当にすばらしい治療家なら、
患者さんの現実を今一度よく考えてみてください。


PS

僕の会社では現在小さな情報サイトをドンドン作っております。

交通事故情報館
http://www.frontrowdvd.com/

ヤフー・グーグル共に1位を維持しております。


脳梗塞治療情報館
http://www.mkhrvatskisokol.com/

脳梗塞5位
脳梗塞 治療1位


パーキンソン病治療 情報館
http://1himawari.com/

パーキンソン病6位
パーキンソン病 治療 4位


さらに今、骨盤情報のサイト・座骨神経痛のサイトも
ほぼ完成しております。


まだまだ増殖していきます(笑


いずれすべてのサイトが検索結果で上位に上がってくるように
計画しております。

こちらのプチポータルサイトのTOPページの広告枠を
通常1枠1ヶ月1万5000円なのですが、12月クリスマスまでは
1枠1万円で販売します。


こういったメインではないページは1ヶ月5000円になります。
http://1himawari.com/introduce/search.html


※最低6ヶ月契約~

こういったサイトに掲載するメリットは、


・直接的な症状に悩む患者さんからアクセスが集まること

・病名+治療などでの上位表示サイトからリンクされる高いSEO効果


の2つがあります。

この機会に掲載したい人は【広告枠掲載について】という件名で

info@kudokenn.com

にご連絡ください。

=====================================

2010/12/01 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ