接骨院 汚い集客がいいの?  ホームページ

From 中野の自宅より、、、

こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。

今日は反応が上がるチラシの書き方についてお伝えします。

巷には「汚い手書きが売れる」「きれいなイメージが有効だ」
とかさまざまなノウハウがあります。

はたしてそれは本当なのでしょうか?解説してまいります。

■■■■■■■本日の動画はこちら■■■■■■■

「 成功するチラシ 」

【映像】6:39 ⇒ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回、お伝えした内容は覚えておりますか?

1、目に留まること

2、記憶に残る

3、行動を促す

ということがありました。

目に留まる と 記憶に残るということを
分解して勧化てみましょう

・目立つ事

・顧客を理解する事


が重要だと僕は思います。

チラシの書き方を細かい説明をすると
半日セミナーができてしまうほと奥深いものですが
メルマガなので重要なことだけお伝えしましょう。


チラシというのは一言で言えば"一発勝負"なのです。
一度撒いてしまうと修正はききません。

だから、失敗すると痛いですし、
失敗したのか成功したのかの判断も難しい部分があります。


世の中にはいろいろなチラシノウハウがあふれています。

・イメージが重要だからきれいな写真使えばいい

・汚い手書きのほうが効果が出る

・顧客の声を入れれば反応が上がる

・火曜日・水曜日いれればいい

・地域を絞ってテストする

・この時間が反応が高い

いろいろな理論があります。


すべて正解ですべて80点なのです。

なぜならばすべてのノウハウは絶対的な尺度と
相対的な尺度があるからです。


つまり、絶対的なノウハウのほかに
どうしても地域性が絡む相対的な問題があるのです。


例えば、どんなに良いチラシでも
おじいちゃんおばあちゃんに美容メニューを
提案しても意味がありません。

逆に高所得層地域でサービスの質を
求める見込み患者さんに激安を売りにした
整体や治療を売っても意味がないわけです。


激安店舗が立ち並んでいるエリアで
自分も対抗して値下げで対抗しても意味がないわけです。


そもそも提案が間違っているということ
これは地域性やそもそものコンセプトが違うので
どんなに良いチラシでも反応がでません。


広告の差別化ということも相対的なものです。


他の整体がきれいな写真をつかって
値引きや声をいれたチラシばかりを使っているとします。

そこで、自分もお手本に従って
きれいな写真を使ってチラシを配布します。

これではその他大勢に混じってしまい、
反応は高まりません。

こういう時は『汚いチラシ』が効果的です。

いわゆる手書きチラシと呼ばれるものです。

きれいなチラシが多ければ多いほど、
この汚い文字で書かれたチラシが効果的です。

しかし、逆に手書きチラシばかり使われている地域で
これをやると逆に目立たずに失敗します。

汚い手書きが多い地域では
きれいなイメージ写真を使ったチラシが有効です。

目立つ目的として紙をあえて
厚い紙を使うことで目立つノウハウもあります。

これには織込み業者さんやポスティング屋さんの
指定もあると思いますが効果的なこともあります。

薄い段ボール程度の紙を使うことで触った瞬間に
これ『おお、、、紙厚っ』と目立ちます。


曜日・時間帯も金曜がねらい目!とか水曜がいい!とか
午前がいいとか、セオリーはありますが地域を調べて実際に
ライバルのチラシが少ない時を狙わないと意味がありません。


というようにまとめますと

『誰に対して』

『どういたメッセージを』

『いかに目立つ形で』

『読んでもらえやすい日時に』

送るのかということです。


汚ければ売れる とか きれいだから売れるというのは
短絡的であり、1つのセオリーであることは間違いないのですが
あなたの地域で適合するとは限りません。


絶対的なノウハウというのは

・顧客の声を入れる

・先生の顔写真を入れる

・オファーを入れる(行動喚起)

・証拠・実績を入れる

・他社との違いを入れる

などです。


ここはチラシに限らずすべての広告の基本になりますので
外さないほうが無難です。


はい、本日のまとめになります。

汚い集客が有利とか、写真が重要というのは

相対的要素なのでぜった的要素を外さずに

いかに目立つのか、いかに刺さるメッセージを伝えるのか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということが重要です。

では、次回はいかに刺さるメッセージを作るのか?
どのようにリサーチしていけばいいのか?


ということをお伝えします。
お楽しみに、、、(^o^)


あ、、、実例ですね。

WEBで見つけた手書きチラシのサンプルがあるので
手書きってこういうものなのか?と確認してみてください。

1/325の反響率の整体院のチラシ ということです(笑)

http://ameblo.jp/plus333/page-2.html

=====================================

2012/11/21 | 治療院マーケティング

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ