あなたのHP 見た目で損していませんか?

From 中野のスターバックスより...


こんにちは、治療院WEB集客のクドケンです。

本日の動画はこちら?【見た目で損してませんか?】

すっかり東京は春です。

外を歩けば多くの方はコートやダウンから
薄手の洋服に早変わりする季節です。

こんな季節はやはり女性がキレイですね(笑)


男性も女性も基本的には同じだと思いますが、
イケメンや美女を見ると視線を奪われますよね。

そして、無意識にたぶんこの人はこんな性格で
こんな人柄なんだろうなと感じ取ってしまいます。

人は相手を見てからだいたい3秒~7秒で
第一印象というものを決めてしまうそうです。


あなたも患者さんが治療院に入ってきてお話をきく前から
その人の来ている服や髪型、姿勢、とくに表情などから
その人の人なりを無意識に想像して第一印象というものを
勝手に作っていませんか?

経験のある治療家なら、患者さんが来た瞬間に

「この人おそらくこの部分が悪いんだな...辛いんだな...」

という勘が働いていると思います。


そして、この第一印象というものがやっかいで
1度できあがってしまうとなかなか後から払拭できないのです。


男性ならよく分かると思いますが女性を見た瞬間に

顔立ちがキレイか、

若いか、

スタイルが良いか

表情はどうか、

姿勢はどうかなどなど

いろいろな要素を同時に判断してその人の印象を
無意識で決めてますよね。

おそらく女性が男性を見るときも同じだと思います。

イケメンか?

身長は?

エネルギーありそうか?

経済力ありそうか?

やさしそうか?

などなど一瞬でその人の印象というものを形成していますよね。


そして、その第一印象を元にその人に接していくことになります。

「この人、素敵!」と思ったら素敵というフィルターで
その人を見ていきます。

「この人、暗そう...」って思ったら暗そうというフィルターで
その人を見てしまいます。

クドケンは何を言いたいのでしょうか?


=========================
あなたのホームページも同じように見られているのです
=========================


↑これです!


見込み患者さんはあなたの治療院を見た瞬間に


「おっ!この治療院良さそうだ!」


「求めている治療院像とは全然違うかも...」


「え...、ホントここ大丈夫かよ、営業してるのかな...」


など一瞬でホームページに対しても第一印象というものを
無意識に作ってしまっているのです。


ここで大切なことは...


・いくら良いことを書いてあっても...

・いくらあなたの腕が良かったとしても...

・いくら実績があったとしても...


第一印象が悪かったら、かなり損しています。

やはり、人間も同じなのですが、
セルフイメージの高さや表情などで印象を決めてしまいます。

男性ならなんとなく分かると思いますが、


なんだかセルフイメージ低くて、

暗そうで、

清潔感がなくて

顔立ちもキレイでない女性


には、あまり興味が沸かないですよね。
例え、内面がすごくやさしく素敵な女性だったとしてもです。

内面というものはいくら素晴らしくても、
何度か話したり、かなり踏み込んでコミュニケーションを
とらないとなかなか伝わりませんよね。


ホームページにおける治療院集客も同じです。

やはり第一印象・TOPページなど目立つ部分で
よい印象を与えないと他のページも見てくれませんし、
他の素敵なホームページを探しに立ち去ってしまいます。

要するに...

あなたがどんなにすばらしい治療家でも
パソコンのモニターという箱に映る小さな画面の中で
たった3秒で見込み患者さんの興味を惹きつけなければ
他の治療院ホームページに移動するのです。

なんども言いますが、
あなたがどんなにすごい技術を持っていたとしてもです。


自分の顔がキムタクならとか
水嶋ヒロだったらとか思ったことありませんか?


僕は思ったことがあります(笑)

もちろん顔立ちだけではありませんが、

「外見だけでもイケメンだったらどんなにモテるだろうか...」

と男性であれば一度は思ったことがあるでしょう。

そーーーーなんです。
外見がよければ圧倒的に得なんです。


イケメンで性格があまりよくなくてもモテる男

腕はあまりないけど集客できている治療院ホームページ

性格はすばらしいのに外見が地味でパッとしない女性

内部の実績も設備もすばらしいのに集客できない治療院ホームページ


こんな感じです。

でも、この逆って起きないんですよね。


ブサイクで太っていてるけど内面がいいから凄くモテる

ホームページもチラシもダメダメだけど新規がたくさんくる


ありえないですよね。


要するに内面(ソフト)の部分を見る前に
外面(ハード)だけで判断されてそこで終了パターンです。


人間の場合は好みがありますので例外はありますが、
ホームページではあまり例外は起こりえません。


=============================
つまり、ホームページは外見勝負という一面が強いということ
=============================


ホームページの外見ってなんでしょうか?


主に3つに分けられると思います。


1、デザインクオリティ


→見た感じの綺麗さ(デザイン)や細かい手間のかけ具合です。

対処:お金をかけてクオリティの高い会社(デザイナー)に頼む


2、TOPページの構成

→TOPページに何がどのように表現されているかということ。

対処:見込み患者さんの心を掴むレイアウトと構成にして
患者さん視点での見せ方を考えて行く


3、親近感と信頼性

→見た瞬間に共感性と信頼を勝ち取る証拠がある

対処:社会的証明や見込み患者さんが共感する声や体験談などを入れる

この3つをなるべくクオリティ高く練り込んでいくということが
きわめて重要です。

これができていると、人間で言うと「イケメン」であり「美女」です。
一瞬で人の視線を釘付けにし、よい第一印象を与えることができます。

最近では本当に治療院業界のホームページのレベルが
上がってきました。

イケメン・美女ホームページがどんどん増えています。


もちろん、確かな内面を持ち合わせていないと人間的には
どうなのかという部分はあります。

重要なことは外見や第一印象がいいだけで
その後「ずっと良い目線で見られる傾向が強い」と言うこと

逆にいいますと...

最初の外見や第一印象があまりよくないと
その後「挽回するのがものすごく大変」だということです。

あなたのホームページはどうですか?

外見や第一印象で損していませんか?

=====================================

2011/04/26 | ホームページ集客

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ