フレーミング効果を治療院集客に生かす


今日は、フレーミングの話しをしたいと思います。

今回から文章とは別に解説ビデオというものを
取っていきます。



今日もホームページ集客とは直接関わりないのですが
ホームページの作り方とかSEOの細かい話しをしても
まった分からないという意見のもと集客全般に役立つ知識を
お伝えしています。



ちょっと難しい言葉なので良い説明にリンクを張っておきます。
http://www.direct-comm.com/skill_relation_framing.html


要するに人は言葉に先入観を持っていて、その言葉から与えられる
イメージによって判断をしているということです。



「ちょっと難しいなー」と思うかもしれませんね。



例えば、東京都中野駅の駅前に二つの治療院があります。



一つ目

クドケン治療院  
~様々な症状に対応し、対処療法はしません。根本にアプローチ~



二つ目

肩こり腰痛治療館 中野店

~日常の肩こり・腰痛を中心に、様々な症状に対応。
痛み・コリの原因にアプローチ~



さて、一番多いと思われる腰痛や肩こりに悩む人はどちらに行きたいと
思いますか?



駅からの距離も、値段も店構えも同じ、
違うのは店名と付属の短い説明だけ。



しかも、先生も同じ学校を卒業、手技両法の経験も技量もほぼ同じ...。



さぁどうでしょう。



おそらく、8割型が「肩こり腰痛治療館」を選ぶことでしょう!



なぜでしょうか?
実績も証拠も外見も同じです。



実際は「肩こり・腰痛治療館」も別に肩こり・腰痛ばかり対応している
ワケではありません。




答え...


名前からして「きっと肩こり・腰痛の治療がうまそう!」と
思ってしまうから...
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そう、無意識にネーミングを聞いただけで、そう思ってしますのです。



このように人は、外見や名前などの「見た目」によって、過去の情報と
結びつけあらかじめ何らかの先入観をもって「もの」を見てしますのです。



例えば


治療院集客専門 インターネット集客のクドケンカンパニー



治療院集客実践協会 クドケン


ではどちらの方が信頼できますか?



おそらく、実践協会の方が「なんとなくすごそう!」と
思ってしまうのではないでしょうか?



「実践」 なんかたくさん実践していそう!

「協会」 なにか「公」な臭いがして信頼できそう!

こんなイメージを持ってしまうのではないでしょうか?




ただ単に名前が違うだけです。

やっている事が同じにかかわらず、捉え方や無意識に持つ
イメージ「フレーミング」が全然違います。



今から社名変えようかなと思います(笑



例えば、治療系のある団体が 株式会社なんですが
「○○○○協会」と思いっきりなのって「商売」しています。



NPO法人でも社団法人でもなんでもない、営利目的の
株式会社が「協会」と名乗っています。



また、治療系でもむち打ち協会や交通事故治療協会など
公っぽい名前の団体が増えていますね。



でも、何となく協会とつけるとそれっぽいですよね。



でも、それは別に法律に触れるわけではなく「ネーミングのパワー」を
うまく使っているだけです。



これがまったく関係のない。
株式会社 「マッサージプラス」とか、こんな名前だと信用できないです。



でも「○○○○協会」と名乗るだけでなんか信用できそう!と
なるのです。


ではこれを、治療院経営にどう生かすか?という話しです。



治療院名で多くあるのが、「名字+治療院」です。
これはたしかに自分の名前をつけたいのはよくわかります。



僕もそんな思いで「クドケン」とか何の意味もない、
いや、むしろ「口説けん」というマイナスの意味すらある
社名にしています。



こういった無意味な名前よりもなにかよいイメージを
与えることができる治療院名にするほうが有利です。



「肩こり腰痛センター」
なんか肩こりとかによさそう!


「さわやか元気整骨院」
なんとなくスタッフが「笑顔」で対応してくれそう!


「子宝笑顔鍼灸院」
なんとなく不妊症にすごく結果がでそうな鍼灸院



この名前を見たときに受ける印象が「名字+治療院」とは
違うと思います。


別に院の名前を変えなくとも、ホームページやチラシなどに


「肩こり・腰痛に特化した治療院です!」
「元気一番の患者さんの配慮を忘れない治療院です!」
「不妊症・女性疾患に特化した経験豊かな治療院です!」



こう宣言するだけでも反応が違うと思います。



大切なことは患者様の候補の方に「なんか良さそう!」
と思ってもらうことです。



例えそれが、本当ではなかったとしても「言い切る!」
「言い切る」ことで信頼が生まれ「フレーミング効果」が生まれます。


サービス名やコースを作る時もそうですよ。


ただ

整体コース 30分 3000円 ではなくて
鍼灸コース 50分 5000円 でもなくて

疲労回復元気整体コース

姿勢美人矯正コース

元気ビンビン男性向け 子宝支援鍼灸コース



などこういったネーミングすることで、
全然イメージが変わります。



こういったネーミングによる「フレーミング効果」を
どのようにあなたの治療院経営に生かすか、考えてください。



どこかに必ず生かせると思います。



ホームページ集客の話していいますと、
治療院名に病名が入っていると、その病名で上位表示しやすいです。



例えば、クドケン腰痛・座骨神経痛治療館 という名前にすれば
自然にホームページのタイトルタグに 腰痛・座骨神経痛と
入りますので、SEOで上位に持っていきやすいですね。



ご参考になればと思います。



PS1

最近、中野にまた新しい接骨院ができました。


僕のクライアントさんの接骨院の周りにここ3年で2つ接骨院が
増えて売上げが3分の2になってしまったそうです。


接骨院の場合は交通事故の患者さんをいかに効率よく集めるかが
経営の一つの鍵になるみたいです。


交通事故の患者さんもホームページを使う事で
効率よく集める事が出来ます。


僕が作っているホームページでも毎月1~2人コンスタントに
電話がかかってくるみたいです。


一人の売上げ価値が20万とも言われますから、
一ヶ月で元を取ってしまう計算ですね。


交通事故 治療というキラーキーワードで上位表示して
あるPPC広告を使って交通事故関連のキーワードを押さえると
効率がいいですよ。

=====================================

2010/03/26 | ホームページ集客

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ