ホームページに新患さんが求めている情報とは

本題に入る前に、先日私が通っているスポーツクラブでバイトを
をしていた鍼灸の学校に通う子とお茶する機会がありました。

今回は、今働いている飲食店(ダイニング?)の集客のアドバイスということで
お茶してました。(口説いていたのではないですよ(笑))

その子は鍼灸・マッサージの資格を取って将来的には治療院を開業して
いきたいということでした。

いろいろ学校で教わっていることや、自分の将来の考え方とか、
学生の側からみた治療院の状況などをきいてきました。

意外だったのが、意外にも学生でも先輩や先生方から、「これから
治療院業界の経営は大変になる」と聞かされていたことです。

規制緩和による治療家を育成する学校の急増、不景気、
治療院自体の数の増加によって、看板を出してさえおけば患者さんが
やってくる時代はもうとっくに終わっていると教えられているそうです。

でも先輩治療家の中には集客ということにあまり意識ない人も多くは、
営業日なのに患者さんがひとりもいないという日もあるということです。

手取りは20万を下回ってしまうという先輩方もザラにいるとのことでした。

ただ治療家の中にはお金よりも患者さんの症状が改善して、「ありがとう」と
入ってもらえるのが目的で、お金は二の次だという人も少なくないそうです。

それはそれでいいのですが、僕は自分の腕やサービスに自信があるなら
それをしっかりと治療を探している患者さんに情報として届けてあげることが
本当によい治療やサービスを提供しているものの「義務」だと思います。

もし、腕に自信があるならそれをしっかりと広めないと、間違ってたまたま
近くにあったヘボ治療院に行ってしまうかもしれないじゃないですか。

こういうのってある意味無責任ですよね。

その子はすでに集客をするという意識がしっかりしており、いろいろ考えて
いますし、なりよりクドケンカンパニーがフルサポートするので
まったく問題ないでしょう(笑

これから先の治療院戦国時代にはこういった集客を初めから意識し、
マーケティングを勉強している治療家たちが大量に押し寄せてきます。

当然ですが、著しい「格差」が生まれてきます。


このメルマガと読んでいるあなたは生き残れるか???


「デット オア アライブ」


では、さくっと本題にはいります。


---------------------------------------------------------------------
ホームページに新患さんが求めている情報とは
---------------------------------------------------------------------


私は治療院意外でも実はネイルや飲食店の集客のコンサルティングも
行っています。

他にもいろいろな業界の検索エンジン対策を見てきました。

インターネットで集客がうまくいく業界とうまくいかない業界があります。

その違いからお話します。

そもそも、お客様はどうしてインターネットで検索するのでしょうか?

このメルマガを読んでいるあなたは「地名+ドラックストア」や
「地名+コンビニ」と検索したことがあるでしょうか?

たぶんないでしょう。

ではなぜ検索しないのでしょうか.........

これがお客さんが求めている情報のヒントになります。

ではインターネットで情報を探す業種を考えて見ましょう。

まず「治療院」です。

整体やマッサージ、カイロ、接骨院などです

その他に美容室です。美容院とも検索されます。

あとはネイルサロンなどもよく検索されています。

この業種はなぜ検索されるのでしょうか。


ちょっと見えてきましたか?


ちょっと考えて見てください...


もう少し考えて見てください...

もう分かりましたか?


それはインターネットであらかじめ調べることで「不安」
を解消したいのです。  ~~~~~~~~~~~~~~

       
「あらかじめ」が大切です。

コンビニやドラックストアなどはすでに売っているものが分かっている。

そして、特に買うにあたって不安はない。

どういったものがあって、どれくらいの値段で、売っているものも大体同じ
つまり見せにいってものを買うことに不安がまったくない。

では、検索する業種とくに治療院や美容室はどうして検索するのでしょうか。

「検索」する意識の裏側にはなにがあるのでしょうか?

本当にここは私の体を直してくれるのか

どんな人がやってくれるのか

どんな治療法なのか

評判はどうか

料金はどんなもんか

つまり「不安」なんです。


不安だから、検索してあらかじめ情報が知りたいんです。


治療院も、ネイルも美容室も一緒です。

自分の体の一部を預けるので、本当にこの店で大丈夫なのか
不安なんです。

だからインターネットで検索する人が求める情報の答えは


「検索する人に不安を取り除く情報」


これです。


これがうまくできているホームページはうまく集客できます。

なぜ、クドケンカンパニーで作ったホームページは他の業者が作る
ホームページよりも来院率が高いのか?

それは、この「不安」を取り除くコンテンツがしっかりしているからです。


あなたのホームページはこの不安が取り除けていますか?


さらに、私の作るホームページには顧客が潜在的にほしがっている情報を
提供しています。

だから、新患さんが行ってみたくなるんですよ。


まず、不安を取り除く

そして、潜在的にほしい情報を与える

コレです。

これは、治療家は意識したことがあまりないと思います。

これがすべてのセールスの基本であり、ほとんどのセールスマンができていない
「差」です。

昔、私はヤフーBBの電話営業をやっていました。

バカでかいコールセンターで常時120人以上が全国の過程にセールス電話を無造作に
かけまくっていました(今考えると迷惑ですが...

その時、私は1番は取れなかったですが、いつも2,3番目のセールス結果を
残していました。

それはこの「差」を理解していたからだと思います。


では、本日のお題、顧客が欲しがる情報は「不安を解消する情報」ということでした。

=====================================

2009/03/28 | 売れるサイトの作り方

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ