3秒でリピート率を上げる方法

From 中野の事務所より...


こんにちは、治療院WEB集客のクドケンです。


本日の内容は3秒でリピート率を上げる方法についてです。


=======================

本日の動画はこちら...

■「リピートを上げるために必要なもの」


音声のみはこちら...

→http://kudokenn.com/music/hattari.mp3

=======================

僕がいろいろな治療院に覆面調査したり、
クライアント様のところで話を聞いたりしながら
リピート率が高い治療院にはいくつか共通点が
あることに気が付きました。

リピート率が高い治療院や、ファン患者さんが
多い治療院の特徴は2つあります

1、理論がある説明で患者さんが治療計画に納得できている事


2、治療家側に自信と威厳があり患者さんをリードしている事

この2つが大きな要素だと感じています。

もちろんこの土台となるのが、

「患者さんとのコミュニケーション能力」

になります。


・コミュニケーションが取れない...

・人付き合いがそもそも苦手...

・人間性や外見に著しく問題がある...

こんな状態では治療家として向いていないということなので
それは置いておいて話を進めてまいります。


1、理論がある説明で患者さんが治療計画に納得できている事


これはすごく重要です。


リピート率が高い治療院では説明がわかりやすく
患者さんとしては体感覚・理論とともに自分の状態を理解します。

つまり...


・自分の体がどういった状態なのか

・どうすればよくなっていくのか

・どれくらいの期間がかかっていくのか

・この治療院にくることでどう治っていくのか


ということが理屈や感覚で理解できています。


当然、治療家のほうとしては、

・丁寧な問診での原因追究

・体の状態の説明

・安心できる治療技術と説明

・施術中のビフォーアフター

・今後の治療計画

・日常生活でのアドバイス

などなど【患者さんの目線】でわかりやすく
説明する必要があります。


このように患者さんが次にくるべき理由が
腑に落ちている状態であれば、
患者さんのほうから「次はいつ来ればいいですかね?」
と自発的に予約をいれてくれます。


2、治療家側に自信と威厳があり患者さんをリードしている事


これは昔ながらの治療院で繁盛しているところに多いのですが、
患者さんがそこまで理解していなくても予約をとるタイプです。

治療家側が自分の手技や治療計画に絶対の自信をもっていて
威風堂々とした威厳と風格を持ち合わせている場合です。

完全に医者のように若干上から目線で、

「次あなたは○○にまた来てください」

とあたりまえに言い切るタイプです。

カリスマタイプはこちらのほうが多いかもしれません。

・俺に任せておけば大丈夫

・どんな症状でも俺の手技にかかれば、治せる

という自信から生まれる信頼感がそうさせるのです。

1、のように患者さんに理解してもらうというよりは

「俺に任せておけば大丈夫!任せなさい!」
「俺のやり方が合わないなら、他のへっぽこ治療院にいけ!」

と言い切ってしまう雰囲気ですね。


ここまで自信満々で


「次は3日開けて週末か来週の頭に来てください」


などと言われてしまうと患者さんは無意識に


「この先生に任せておけば大丈夫!」


と思い込んでしまいます。

人はやはり自信満々に言い切られると
本当にそうだと思ってしまう傾向があります。


大きく言うと腕がそこまでよくない治療院の先生でも
はったりで「私に任せておきなさい」と自信満々に
言い切ることができればリピート率は飛躍的にあがります。

「今日はここまで...、次は来週来てくださいね、、
来週の月と水曜のこの時間空いてますがどっちいいですか?」

こんな感じです。


そのほかこのクロージングテクニックなどは細かく話していけば
きりがないので割愛しますが、大きく分けるとこの2つが
リピートを取るうえで重要な事だと思います。

1、理論がある説明で患者さんが治療計画に納得できている事


2、治療家側に自信と威厳があり患者さんをリードしている事

もちろん、両方をバランスよくもっていることが1番です。


コミュニケーションがとれて、心も開いており
理論としても、体感覚でも次回また来ることを理解しており
先生にも自信が満ち溢れておりしっかりリードされる事

これが理想です。

リピート率が悪い治療院はだいたい両方できていないか、
バランスが取れていないパターンですね。


では1、理屈や感覚で理解するというのは長くなるので
省きますが、治療家として自信を作っていく方法をご紹介します。

これも2つご紹介します。


1つはアフォアメーションというテクニックです。


アフォアメーション=自分でなりたい自分像を宣言する

自分の潜在意識をゆっくりと書き換えていく方法です。


「私は、自分の治療技術に絶対の自信をもち、
患者さんは私を信頼し、
私の治療計画を受けているのが当然なのです」

「私は自信にあふれた治療家です。
常に堂々とし患者さんのために
患者さんをリードしながら健康状態に
導くことができる人間です」


などと自分でなりたい自分を言葉に出して言います。

このエクササイズは強力です。
3週間だまされたと思って毎日時間を取ってやってみてください。


1つのアフォアメーションを喋るのに3秒あれば
十分ですよね。


暇があれば口ずさむとよりいいと思います。

周りから「最近、雰囲気変わりましたね...」と
言われると思います。

詳しくは本がたくさんでているので、
興味があれば読んでみてください。

参考サイト↓
http://coaching.livedoor.biz/archives/16044148.html


2、モデルとなる先生を探す

人間にとって「お手本」を見ていること、
「お手本」を感じ取っていることは、
非常にイメージしやすいのです。


そういった先生が師匠だった。
そういった先生を近くで見たことがある先生は
とてもラッキーです。


いない場合は、そういう先生がいる治療院に
潜入調査してください。


そしてどうしてリピートが高いのかを
考えながら一通り治療を受けてみるとよいですね。


その時に


「何を言っているのか」「どういったセリフを使っているか」


というよりも


「どういった心の状態で話しているのか」

「この先生の当たり前の基準はどこにあるのか」


というところにフォーカスして聞いてみてください。

すごくリピートがとれる先生は

「安心感があって、どっしりと構えられていて
自分の治療技術と治療計画に自信があって
リピートすることが""当たり前""になっている」


と思います。

そういった理想のモデルの先生を見つけて
常に自分が施術中・患者さんに接するときに、

「あの先生ならどういう雰囲気でどういった言葉を
使って患者さんに接するだろうか...」

とイメージするのです。

つねに、「あの先生なら...、あの先生なら...」と
なりきるつもりでいると自然とその雰囲気を
纏うようになってきます。


アフォアメーションとイメージングですね。

ともに「セルフイメージの改善」が目的です。


自己啓発などで使われる自己改善の方法ですが、
かなり強力ですよ。

是非、治療院経営に役立ててください。


理論的、且つ、卓越した技術、且つ、魅せる技術、
そして、自信と威厳を併せ持つ治療家さんが
どんどん増えることで社会的ステータスもどんどん
あがっていくことでしょう。

=====================================

2011/09/06 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ