新規患者さんを集める力が繁盛の鍵

中野サンプラザのカフェより...

こんにちは治療院WEB集客のクドケンです。

本日は、極論といいますか""現実""を
お伝えしたいと思います。


動画解説はこちら↓


【結局なにが必要なのか】


これは、一般的な会社を起こす場合に必要な考え方で
ビジネスそのもの本質となる考え方です。

極論なので今の状況や今のあなたの治療院のレベルによっては
違う意見があるかと思います。


今あなたの経営状態が非常に良好な状態なら
今日の内容は合わないかもしれません。

しかし創業期やまた潤沢な利益が確保できていないなら
考える余地がある考え方です。

受け入れがたい内容もあると思います
自分の見ている景色と違うものもあるかと思います。

でも、これが一般社会の会社の基準で
うまくいく会社はこの考え方が浸透しています。

もちろん治療家としては、確かな治療技術を追い求めるのは
必須であり、これからもどんどん研究・研磨していただきたいです。

でも、これからお伝えする内容をあたまの片隅にでも
入れていただきたいと真に願います。


タイトルは

「結局、経営にはなにが必要なのか?」


はい、治療院業界のインターネット上の情報をみると...


いろいろな方がいろんな事を言っています。

これからはホームページ集客だ!

アメブロだ!

ツイッターだ!フェイスブックだ!

リピート戦略だ!

スタッフのチーム作りが大切だ!

モチベーションだ!

コミュニケーションだ!

儲かる美容メニューを取り入れろ!

自費患者を獲得する新しいメニュー!

やはり治療技術が必要だ!

機械設備をいれたら売上げが上がる!

ニュースレターだ!

チラシだ!

看板だ!

最新のベットだ!

立地条件だ!

経営者の人徳だ、心構えだ!

セルフイメージだ!

...

......

.........

etc...


いろいろな情報が飛び交っています。


結局、経営の目的はなんなのか?

患者さんを治すことでしょうか?

地域に貢献することでしょうか?

自分の人徳をあげることでしょうか?


違います。


==================
売上げを上げること
==================


これ以外はありません。

「いや、違う。お金よりも患者さんを治してあげることが先だ!」


という先生も多いと思います。

実際にこのような「まずは売上げを!」という内容を話していて

「おまえは治療院のことががわかっていない!若造が!」

と怒られたことがあります。

でも、実際この先生は売りあげが少なくて
生活に苦しいから僕に相談いただいたのですが...

では無料でやってあげたらいいと思います。
無料でやればたくさん来てくれると思います。


趣味で治療院を経営しているならそれでいいです。


患者さんを治して、喜ばれて、感謝されての
ボランティア活動でいいと思います。


でも、正直なところ
実際に治療院を経営してみてどうでしょうか...


ボランティアで治療ができますか。


残念ながらそれはできないですよね。

それは""経営じゃない""からです。

経営に必要なものは""売上げ""です。


売上げが立たないと家賃も払えませんし、
スタッフに給料も払えません。

自分の生活・家族の生活のままなりません。

経営とは適切な利益を上げる中で
地域・社会そして患者さんに貢献していくものだと
僕は考えています。


きれいごとは抜きにして治療院経営に
1番必要なものは""売上げ""です。

では、売上げを上げるということで
一番重要なものはなんでしょうか?


比較しながら1つ1つ確認していってください。

新規を患者さんを集める力=新規獲得力という表現を使います。

【新期獲得力 VS 卓越した治療技術】


治療家であれば一番興味があるのが治療技術ですよね。
すばらしい治療技術があれば繁盛すると教わってきたとします。

そこで質問です。

もし、あなたが経営者としてフランチャイズシステムを取り入れ
その中の経営する治療院に雇われ院長の候補が2人いたとします。

1、すっごい治療技術をもった治療家

2、すっごい集客する術をもったマーケッター 
(例えばクドケンみたいな人です)

客観的にフランチャイズを買うと考えると
わかりますよね。

すっごい治療技術をもった治療家をやとっても
患者さんが来なければまったく意味がありません。

しかも、その先生がいなくなったらお終いです。

でも集客する仕組みを生み出せる人がいれば
それはその人が例えいなくなっても機能します。

また、ノウハウなので他の店舗に
もすぐ導入することができます。


もう一つ例をあげます


あなたがオーナーとしてハンバーガーチェーンの
フランチャイズを買うとします。

どんな地域でも売れるマクドナルドがほしいでしょうか?

ずっごくおいしいけど無名のハンバーガーショップを
買いたいでしょうか?

どっちが効率よく儲かるでしょうか?
もう分かりますよね。

雇われ店長が今のあなたの立ち位置なんですね。

そうとするとあなたにはどういった能力が求められているか
想像つきますよね。


【新規獲得力 VS チーム作り】


いろいろな情報の中にはチーム作りが大切だ!
スタッフの育成が大切だ!
モチベーションが大切だ!


ということ情報もあります。

でも結局のところ、すばらしいチームを作ったとしても
肝心の患者さんが来なければまったく意味がありません。

すばらしいチームを持つ治療院、
誰もがあこがれるすばらしいやる気溢れたスタッフたち...

でも患者さんがいないのでは、
チームの存在意義がありません。

目的はチームをつくり、モチベーションをあげて
売上げを伸ばしていくこと。

売上げをもたらすものはなにか?
そう、患者さんです。

チーム作りやモチベーション管理などは
ある程度の売上げが立ってからで良いのです。

まずは患者さんを集めることです。


【新規獲得力 VS 立派な立地・物件】

治療家の中にはすばらしい立地に院を出したいと
思っている人も多いと思います。


駅近で人通りが多くて好立地の場所に
お金をかけた内装でキレイな治療院をつくれば
繁盛すると思っている治療家は多いと思います。

確かに好立地は集客に繋がる要素にはなります。
しかし、残念ながら直接的な要素ではありません。

僕のクライアントは地域No1になっている治療院は
たくさんありますが、地域で一番好立地で建物がすばらしいか
というとまったくそうではありません。

立地が悪くても集客がうまくいっているのです。

立地が悪くても集客できる仕組みがあれば
全く問題ありません。

【新規集客力 VS 高額治療機器】


・この治療機器を導入すると売上げがあがります!

とか

・他の整骨院にはだいたいこの機器があるから...


という理由で高額な治療機器を導入される治療院は
意外と多いのが現状です。

「5年リースで月3万円です、5万円です」という機械を
先に揃えてしまう先生も多いです。

それなのに

「ホームページを作る余裕がありません...」
「広告費も出せません...」

という先生もいらっしゃいます。

これもおかしな話ですが治療機器は
直接売上げをあげませんよね。

治療機器を使う患者さんがいて初めて
売上げが立ちます。


当然ながら順番としては売上げを立てられるメドが
立ってからそういった部分にお金と時間を使うべきですね。


【新規獲得力 VS 経営者としての心構え】


先ほどのマネジメントなどとカブる部分もありますが
経営者としてのあり方を求めるばかりに、
見栄を張りたい先生も多いのが現実です。

治療家とはこういうものだ!

治療家たるものはこうありたい!

治療家が売り込みなどはしない!

治療技術が口コミで広まって自然と患者さんがくるものだ!

などと本気で考えている先生も多いです。

でも、それで売上げが立っていればOKです。


しかし、その考え・心構えで売上げが立っておらず
経営が苦しいのであれば間違っていますよね。


【新規獲得力 VS リピート力】

これについては卵が先かニワトリが先かという議論ですが、
断然僕は新規のほうが大切だと思います。

確かにリピート力はとても大切です。

リピートしてもらうことができずに新規をいくらとっても
まさにザル状態です。

しかし、例えリピート率が100%だったとしても
新規患者が月1人ではまるで意味がない。

新規患者さんがある程度いる段階で、
初めてリピート力を上げることを考えるべきですよね。


新規がほとんど来院しないのに
ずっとリピートの施策をやっていては意味が無いですよね。


"すべてはバランス"ですが、大抵の場合は僕が見ている限り
経営がうまくいってない治療院は、圧倒的に新規の数が足りない。


リピートからの売上げも大切ですが、
そのリピートの根源となっているのが新規獲得力です。


新規がいないとなにも始まらないのが現実です。


==============================================
なぜクドケンはこんな事を言うのか?
==============================================

最後にこの例えを使わせていただきます。


一般的なベンチャー企業の例でお伝えします。


ホームページ制作会社を立ち上げた若い社長がいます。

さぁ、以下のどちらの社長が
会社を繁栄させることができるでしょうか?

1、すばらしい腕をもったWEBデザイナー
彼の作るホームページは誰が見てもすばらしいものです。


2、ホームページは作れないけど凄腕の営業マン
彼は営業力で飛び込みでもなんでもとにかく仕事をとってきます。

答えは明白ですよね...。

2、の営業マンです。

そして、多くのベンチャー企業の社長は、
もともとできる営業マンかマーケッターというのが現実です。

残念ながら職人肌の経営者はかなり少ないのです。

会社が安定軌道に乗るまでは
とにかく仕事をとってくる力が必要です。

この社会では誠に残念ながら商品やサービスが
あまりよくなかったとしても営業力があれば
会社は繁盛してしまうというのが現実なのです。

この例も見ても明かですよね。

これだけ例えを出したので、気付いていただけたでしょうか?
今あなたに一番必要なものは新規患者を集める力なのです。

今あなたが一番""力とお金を注ぐべきもの""はなんでしょうか。

本日はあなたの視線を""売上げ""というものに向け
一番重要なものに焦点を合わせていただきました。

今のあなたの治療院経営にあてはまりましたでしょうか。
共にがんばりましょう。

=====================================

2011/02/25 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ