アメブロ集客は今すぐ?やめろ?

こんにちは、治療院WEB集客のクドケンです、

本日は新規集客は何をやればいいのか?
というテーマでお話しします。

■■■本日の動画はこちら


新規集客する手段っていろいろありますよね。
あなたは何をメインに取り組んでいますか?

大きく分けると...


1、インターネット上の集客、オンライン集客

2、インターネット以外の集客、オフライン集客


ですね。

オンライン集客ですと...


・オリジナルホームページを使ったもの

・ブログを使ったアメブロ集客

・ミクシィやフェイスブック・ツイッターなどの
ソーシャルメディアサービス


これらの媒体は集客の効果や
かかる費用やアクセスアップなどの経路が異なります。

それぞれメリット・デメリットがありますよね。


しかし、結局必要な事は2つしかありません。


【1つ目】

魅力的であり治療院にいきたいと思うコンテンツ

【2つ目】

それをより多くの見込み患者さんに見てもらうこと
つまり<アクセス>というものです。

ホームページであれば、

・SEO対策
・PPC広告
・口コミ・比較サイト
・地域サイト
・他のサイトへの広告出稿

などです。


ブログであれば

・ブログ内部の人に自分からアプローチをする
・ブログ内部の自然検索
・ブログ自体の検索エンジン上位表示


ソーシャルメディアであれば


・ソーシャルメディア上でのつながり
(コミュニティーへの参加やフォロアー・友達など)

ホームページの良いところは
SEO対策やPPC広告をしっかり取り組んで
一度魅力的なホームページを作れさえすれば
かなり継続的で大きな集客効果を見込めることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


100名などを完全ほったらかしで
自動集客している治療院さんもたくさんあります。


ブログの良いところは


無料だということです。
手間と時間をかけたら集客することができます。


また、治療院に限らずアメブロ集客などが
すごく流行しています。


確かにがんばれば集客できますが
僕のクライアントさんの例や
僕が実際にやってみると費用対効果は
イマイチですね。


いいとこ月に10名くらいでしょう。
もちろんもっと手間をかけてがんばれば
増えることも可能でしょう。

しかし、この手間がかなり多いです。

実際違う業種ですがアメブロ集客で
うまく集客できているところはかなり労力を
裂いています。

ブログで面白い記事を書くのが好きという人は
オススメ出来ますが、どちらかというと
パソコン操作が苦手な治療院業界には向いていません。


そこで僕が最近だした結論!


========================================
ブログをがんばるならホームページ集客を
がんばろう!
========================================

ソーシャルメディアも同じです。

手間を考えると集客できる数はかなり少ないです。


ホームページなどに比べるとインターネットですが
濃い人間関係が築けるので楽しむ分にはいいです。


しかし、治療院経営に新規集客のメインとして
取り入れるにはまだ時期尚早だということ

==========================================
ソーシャルメディアをがんばるなら
ホームページ集客をがんばろう!
==========================================


ということになりました。

僕も実際にクライアント治療院さんに
いろいろ実験してもらったり自分でも試しました。

でも、やはり費用対効果を考えると
ホームページでの集客があきらかに効率がよいです。


ブログやソーシャルメディアを
がんばっている方がいたら悪いですが
一般的な治療院ではまだ向いていません。


ただし、例外があります。

かなり特殊な療法・認知度が低い療法の場合です。
気功療法やスピリチュアルなものがそうです。

こういった種類をメインとする治療院は
可能性があります。

というのは、特殊な療法や社会的認知度の低いものは
検索エンジンで検索されません。


つまり検索エンジンを通じて人目につく機会が
極端に少ない...。

整体やマッサージというキーワードで
PPC広告やSEO対策をしても
一般的な人々の頭の中にある整体やマッサージとは
明らかに違うモノに映ります。

結果、検索回数が多い整体やマッサージなどの
キーワードではなかなか集客ができません。


そういった場合にはブログやフェイスブックなどで
濃い人間関係を築きながら自分の療法を知ってもらうと
地味ですが効果は着実に上がります。


もしもあなたが特殊な療法や認知度の低い療法を
メインとしているのであればソーシャルメディアなどを
活用してみるのは1つです。


しかし、忘れないでいただきたい事は
かなりの手間と労力がかかるので、マメに更新することと
面白く役に立つ情報が必要になってきます。


ここを乗り越えられるかが1つの山ですね。


ただ、自分の手技が一般的な整体やマッサージと
合致する療法であったり・認知度が高い場合は
ホームページをメインとした集客が一番よいです。


2、インターネット以外のオフライン集客
これはまた次回にでもお伝えさせていただきます。


比較的高齢者が多い田舎や過疎地、
インターネットがあまり普及していない地域では
次回にお話するオフラインの集客のほうが
向いている場合があります。


お楽しみに...

=====================================

2011/05/21 | ホームページ集客

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ