信頼性をあげる7つのポイント

中野北口のスタバより...


こんにちは、治療院のインターネットマーケティングで
日本一を目指すクドケンです。

もしかしたら、「すでに日本一かも?」と思う今日この頃ですが、
相変わらず会社が休みの日も仕事してます。

仕事がなにより楽しいです。

僕は朝早いので朝だけテレビを見るのですが、
たまに通販番組などやっていますね。


通販番組はセールスプロモーションの集大成なんですね。
治療院のインターネットマーケティングにも十分役立ちます。


僕は、通販番組(特に健康食品やダイエット機具)が
バラエティ番組より好きです。


1人でテレビのまえで唸っています。

「ここは、こういった手法で注意を引いているな-」
「これは薬事法ギリギリだなー、きわどい!」
「この医療機関のデータよくとったな、金かかったなー」

と、どう共感させてどう売っているのか研究して見ています。

テレビというのは、インターネットに比べずっと昔からあり、
広告費もネットの世界よりも遙かに高いので、
本当によく考えて通販番組が作られています。


ということでこの通販番組のセールス要素を
治療院のホームページにそのまま「ドン!」と移行すれば
圧倒的に集客できるホームページになるということです。


なぜ、通販番組は売れるのか?


その答えは「売る」=「信頼性」という事を
理解することから始まります。


基本的にテレビの前に座って見ている人は
疑っています。


セールスというのは誰もが疑っているのです。
誰も通販番組のいうことなど最初は信じません。


「このサプリメントを飲めば、健康になって
がんも治るし、若返るし、キレイになるし、糖尿病も治る」


という健康食品があったとします。


テレビの前の人の頭には「どうせウソでしょ」という考えがよぎります。


そこをどのように信じてもらい、どう買ってもらうかが
通販番組の目的です。


そう、信じてもらわないと買ってもらえない。


では、これを治療院のホームページに当てはめたら
どうなるのかという視点で本日の本題にはいります。

-------------------------------------------------
信頼性をあげる7つのポイント
-------------------------------------------------

動画解説はこちら


治療院のホームページを見る人は、
必ずなにか悩みを抱えています。


腰がいたい、肩こりでしんどい...などなどいろいろ
悩んでいます。


その解決策を探して治療院を探しているのです。


ということは、その悩みを解決する可能性が
極めて高いことをホームページを通して伝えることが
出来たら来院するということです。


では、具体的にどうすれば信頼してくれるのでしょうか?

1、お客様の声

まずは基本はお客様の声が簡単でありもっとも効果的な
ツールだということです。


実際に来院した患者さんから声をもらって、
ホームページに掲載していくことです。


実際に、治療院側の人間が


「うちはここがすごい」
「腰痛がよくなりますよ」
「1回でもこんなによくなります」


などと言ってもホームページを見ている人は


「どうせウソでしょ」


と思っています。
誰もが販売者の言う言葉は警戒して聞いています


しかし、見込み客と同じ立場の人の声は
その警戒心を越えて見込み客に届きます。


60代の男性で腰痛に悩んでいる人の声や治療記録は、
60代で腰痛に悩む人に届きます。


若い女性で「骨盤矯正をしてうまくいった」という声は
若い女性の心にダイレクトに届くのです。


健康食品などの通販も、半分以上が愛飲者の声で
出来ています。


ただ通販の場合は、お金を払って演技をしてもらっていると
おもいますけども(笑


ウソをついてはいけませんが、可能な限りリアリティのある
具体的なお客様の声を集めてホームページに掲載していきましょう。


2、権威者からの推薦


人は権威者のいうことに弱いのです。


例えば、有名な医者ですね。
テレビで顔が売れているような医者からの推薦の声は強力ですね。


また、有名大学の教授、何とか治療学会からの推薦など
社会的に認められる権威者からを得ることができれば
それは強力な信頼性を生むことができます。


通販番組でも、「なんとか大学の○○教授にコメント」とか
「なんとか学会の○○公認」などといった文言をよく見ます。


または、なにか資格の症状・卒業証書なども
1つの証明になりますので、積極的に使って下さい。


3、ビフォーアフター


治療院でよく使われるのは、治療前・治療後の
写真の比較ですね。


やはり文字だけでなく、写真を使う事で
効率よく変化を理解してもらえます。


ダイエット系の通販では良くやりますね。

ダイエット前の写真とダイエット後の写真を比較して

体脂肪率 35%→27%
体重   69Kg→55kg
ウエスト 70cm→59cm

こんな番組みたことないですか。
これを治療院のホームページでもやるんですね。


理屈をどうこう言う前に劇的な治療結果を
わかりやすく伝えてしまえばいいのです。

4、医療機関などの客観的データ


これは例えばですが、

「○○大学の研究室で当院の治療によって、
血流が明らかに改善されていることが証明されました」


「当院の治療を3ヶ月継続された方の
○○の数字がこのグラフのように低下していきました」

などと数字やグラフを使って視覚的に見せていくことです。


ポイントはわかりやすく数字やグラフ、そして権威機関に
証明してもらうことです。


健康食品の通販番組では

「○○大学の研究室ではこのサプリメントの中に
○○○○という数字が確認され、摂取後、血糖値が
グラフのように変化しているのが見受けられます」

というようなシーンがありますね。


これはデータの力です。
人は客観的なデータは信用するのです。


5、マスコミ掲載履歴


なぜが人はマスコミというものを信用する癖があります。


「○○新聞」に当院の治療法が紹介されました。
「○○という雑誌」に掲載されています。
「○○という本」に当院の院長がコメントしています。
「○○というテレビ番組」でおなじみの院長です。


などなど、誰もが知っているような媒体、
に掲載・出演したことを主張するのです。


芸能人と対談した、○○で取材されたなど
マスメディア掲載歴はよい信頼性を生んでくれます。


治療院でもなにか使える物はないか考えてみてください。

化粧品の通販番組では、こういった情報が
溢れていますね。


是非真似してみてください。

6、ランキングなどの証明


人はランキングに弱いのです。
化粧品のCMでみたことありませんか?


「○○雑誌、一度は使ってみたいコスメランキング1位」
「○○調べ、20代に支持されるコスメランキング1位」
「○○アンケート調査ランキング第1位」


などなど、人はランキングが好きなんですね。


東京ではランキングだけで成り立つショップもあります。
http://www.ranking-ranqueen.net/hotnews/index.html


やはり、治療院でもランキング形式で証明できるものが
あれば積極的につかっていくのも一つの手ですね。

7、圧倒的な知識

マーケティングの世界に


「顧客の悩みに対して、顧客以上の知識を伝えることで
あなたは権威者として見られる」

という言葉があります。


つまり、その分野の知識をこまかくわかりやすく
教えてあげることで知識提供者は権威者になれるのです。


このメールマガジンもそうですね。
僕の集客ノウハウを公開していく中で、メルマガ読者は

「クドケンはすごいなーすごい知識と経験だな」

と思っている人も多いと思います。


つまり、治療院でいいますとその症状の解決策・知識
治療法をホームページ上で教えてあげるんですね。


確かな知識を公開することで見込み客はあなたを
専門家だと信じてこの人にお願いしてみたいと
おもってもらえることでしょう。


通販でも、健康食品などでは難しい専門的なことを
話すシーンがあります。


それは、その道の専門家であり、スペシャリストであることを
伝え信頼してもらうことがもくてきなのです 。

いかがでしたでしょうか?


これがホームページで見込み客に信頼してもらうための
コツです。


これをいかにたくさんホームページに取り込めるかで
そのホームページの信頼度が違います。


今一度ホームページを眺めてみてはいかがですか?


PS

SLEの情報をくださった先生方、本当にありがとうございます。


なかにはわざわざお電話で教えていただいた先生まで、
お気遣いありがとうございます。


まだ、メールが継続的に届きますので、
いろいろ僕も調べながら情報を整理していきます。


本当にたくさん情報をいただいたので
個別にメール返信はできませんが、
ご連絡いただいた方には感謝いたします。


PS2


いつもお伝えしているマッサージ院は11日までで
46名の集客のようです。


120名を越える勢いですね。


これがホームページの力ですね。


最近、僕のメールマガジンの広告をインターネット上に
たくさん出しているので問い合わせが増えています。


やはり内容は来院する数が少ないと言うことです。
もっと集客したいということです。


ホームページはあるけど集客に繋がらない。
高い金を業者に払ってもまったく集客にならない。


それは、ホームページ業者はホームページを制作するのが
仕事で集客することは仕事じゃないからです。


口ではいいこと言いますが、基本的に集客出来なくても
なにもしてくれません。あたりまえですが...


費用対効果をしっかりみて

「安かろう、悪かろう」

に引っかからないで下さい。


大切なのはROI(return on investment)です。

投資した金額がいくらの利益を生むのかということです。


わかりやすくいうと


初期費用が10万円で毎月3人しかこないホームページ


初期費用が100万円で毎月100人くるホームページ


どちらを選びますか?ということですね。

PS3

携帯サイトコースは今週中

集客セミナーは8月の末に予定しております。

=====================================

2010/07/12 | 売れるサイトの作り方

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ