2011年、あなたの目標は行動できるレベルに細分化されていますか?

中野のスタバより...


こんにちは、治療院WEB集客日本一のクドケンです。


2011年も人の3倍努力していこうと決意しております。


本日の動画はこちら...
http://kudokenn.com/doga/mokuhyou/


あなたは2011年度の目標はもう立てましたでしょうか?

「年の初めにはその年の目標を書き出す」

「目標を紙に書き出すと叶う」

いろんなところで言われている成功法則ですよね。

ポイントは必ず紙に書き出して、
できればそれをいつも肌身離さず携帯しておく。

OR

常に目に届く位置に貼っておく。


これが有効です。
潜在意識にすり込まれていくみたいです。

さて、2011年あなたはどんな目標を立てましたか?


僕は、1月1日から中野のスタバに閉じこもり
考えていました。

・健康面の目標

・個人的な経済面の目標

・家族への目標

・会社としての経済面の目標

・会社で働いているスタッフに対しての目標

目標はありすぎても困りますが、
なるべく細分化して具体的に書き出すことが重要です。


そして、目標には期限と数字が必要です。


居酒屋で有名なワタミの社長の渡辺美樹さんは著書で

http://amzn.to/eGVdJZ

「夢に日付を入れよう!
夢に日付を入れた瞬間に夢は目標に変わる」

とおっしゃっています。


GMOグループを率いる熊谷正寿さんも
起業した当時から自分の手帳に目標を細かく書き出し、
実際にほぼその通りになったと著書で語っております。

http://amzn.to/eUdJMY

それぐらい具体的に目標を書き出すことは
パワフルな事であり、それだけでも
その他大勢と「差」がついてしまいます。


なぜ治療院経営に具体的な目標が大事なのかというと、
僕がよく電話コンサルティングなどをしていると...


「目標はどういった状態ですか?」
「自分が理想とする治療院の経営状態はなんですか?」


と、聞くと...

「なるべくたくさんホームページから新規がほしい」
「交通事故患者がたくさんほしい」
「とにかく繁盛したい!売上げを上げたい!」

と、このような答えが返ってくることがあります。

あなたはこれらの答えが目標と呼べるものだと
思いますか?


コレでは目標ではなくて、願望ですね。
まったく具体的ではありません。


具体的でないものは行動できません。
行動できないものは達成できません。

僕はいつも言っていることがあります。

「目標とは設計図を立てるための完成図」

自分でも話していて「いいこと」言っているな、
としみじみきます(笑

目標は理想像=完成図

家を建てる時には必ず完成図=理想像がありますよね。


「とくかく大きな家が建てたい」


と建築屋さんに頼む人はいませんよね(笑

・純和風建築で畳の部屋重視でバリアフリーでオール電化

・ヨーロッパ風の中庭付きの3階建て、車庫が車2台分

・近未来的なデザインであの芸能人の家みたいなものがよい


などなど、誰もが自分の理想像となるイメージが
映像として頭の中にありますよね。


この理想像を細部にわたって描けなければ
当然ですが細部まで理想の家は建ちません。


建築屋さんに「自分はこうこうこういう家がほしい!」と
こまかくこまかく伝えなければいけません。


そして建築家さんがそれを聞き、完成予想図を書き上げます。
それから完成予想図を元に、今度は設計図を作ります。


ここから完成に必要なものを設計図にしたがって集め始めます。


「この家は3階建てだから、木材と釘はこれくらいいるよな...」

「予算はこれくらいだから断熱材はこれを使おう」

「いつまでにココを作って、ここで塗装屋さんを呼んで
ここで内装屋を入れて、ここで引き渡しだな...完成は○月だな」

僕も家を建てたことはありませんので、詳しくはないですが
こんな感じでしょう。

つまり、完成図を元に逆算して必要なものを集め、
計画を立てて1つ1つ組み立てていくのです。


もしこの完成図が...

「とにかく大きな家がいい」
「モダンな家がいい」
「1億円の家がいい」

などの曖昧なものであれば、建築屋さんは
完成図が書けませんから当然設計図がつくれません。

当然、作業にも入れないのです。


このような状態が治療院経営でも起きています。


「とにかく繁盛したい!」
「とにかくたくさんの新規患者さん!」


などという曖昧な目標ではどのように
設計図を書けばいいのかわかりません。


当然、必要な材料もわかりません。
完成までの期間もわかりません。

良い目標の立て方の例ですが...


今年は売上げを月商100万にする。


1、そのためには新規患者さんを月に20人以上を集める。


★そのためには


ホームページが現在は月10人だからこれを15人にする

口コミ・紹介が月平均2人だから5人にする

チラシが毎月平均5人だから10人にする

★そのためには


ホームページの内容をリニューアルして、
SEO対策をがんばろう!


口コミや紹介をもらうために、ハガキや紹介カードを
取り入れてみよう!


チラシのレイアウトを変えて文章を変えてみよう

★そのためには


ホームページの本を買ってみよう!
SEOの専門家に聞いてみよう!


ハガキや紹介カードのサンプルを探そう!


良いチラシの書き方の教材を買おう

★そのためには


1月中にamazon.comで本をすべて購入しよう、
いついつまでに専門家をインターネットで探そう!
実際に良さそうなチラシを集めに行こう
今度の休みに繁盛している治療院に覆面調査にいこう


★そのためには......

.........
.........
.........

と、どんどん具体的に""行動レベル""に落とし込んでいく
必要があります。


1、まず目標を立てる

2、そしてどうすれば目標を達成できるか考える

3、考えたものを行動に落とし込んで実践していく

こうすることで目標は次々と達成されていくのです。

理想的な家を建てるのも、まずは設計図を作ることから
始まります。


そして、建築に必要な材料の調達・人材の手配です。


それから、実際の建築に入り、時が経ち作業が進むと
立派な理想的な家が完成していくのです。


治療院経営も全く同じです。


まず自分の理想となる目標を持つ(完成図)

そしてこまかい設計図を描く

そして必要な材料を集める

そして時間をかけてそれらを組み立てていく

そうすることで自分の理想的な治療院を
作っていけるのです。


理想的な治療院というものは個々それぞれ違うと思います。


「売上げ1億」という先生もいれば、
売上げよりも「1人3人」を真剣に取り組みたいという先生もいます。


こだわり・立地条件・周りの住民の年齢層・経済状況・家族構成
すべてが違うのです。

まったく同じ条件の治療院など存在しません。
全員が違う理想図を持っていると思います。

だからこそ理想的な目標は他人に影響を受けず、
ゆっくり考えられる年始にじっくり考えていただきたいのです。

本当は自分はどうなりたいのか?
本当に自分にとって理想的な治療院とは?

人間というものは自分が本当になりたいもの以外は
モチベーションが上がらないのです。


他人が与えた目標


例えば、ホームページだけで新規100人!
例えば、リピート率が90%
例えば、年収1000万円!


こういった"受け売り目標"はいまいちモチベーションが
上がりません。

"大切な事は自分の理想的な治療院完成図を持つこと"


そして...


完成図→設計図→材料集め→組み立て作業


これを繰り返すこと。

あなたの目標を達成するのに
これ以上の近道は存在しません。


今、繁盛している治療院、今、成功している人たちは
自分で目標を立て、自分で成長してきた人たちです。


2011年、あなたはの完成図は書けましたか?
設計図は誰が見てもわかるくらい細かく細分化されてますか?

今日から行動できるレベルに細分化されていますか?


クドケンの役目はこのインターネットを活用して
あなたの材料集め・組み立て作業を手伝うことです。

2011年度もよろしくお願いします。

=====================================

2011/01/04 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ