クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 コミュニケーション

 直営院のウラ側<まるみえ>

【患者の心を掴む】治療家必見の”トーク術”って?

49 Views

患者さんの信頼度UP!
今すぐできる
トーク術って?
 ↓↓

 
こんにちは!


治療院経営アドバイザーの齋藤隆太です。


毎週水曜日は、
僕がオーナーとして経営する治療院の
お金から集客施策、手技に至るまで…

これでもかっというほど
リアルな”ウラ側”をまるっと公開していく

===========
“完全ガラス張り”の
治療院ドキュメンタリーß
『まるみえ』
===========

をお届けしてまいります。


本日は、

『患者様の心を掴むトーク術』

というテーマでお話します。


「患者様とコミュニケーションを
 取るのってなんだか苦手…」

と感じている先生は
ぜひ最後までご覧くださいね。

 ↓↓
>>心を掴む!治療家必見の”トーク術”って?



私が治療家さんに絶対必要だと
考える技術が3つあります。


それは、

【1】治療技術
【2】話す技術
【3】聞く技術

この3つです。


【1】治療技術は、言わずもがな。


患者様の身体の不調を
改善する技術ですから、

日々スキルや知識に
磨きをかけていると思います。


では、
【2】話す技術と
【3】聞く技術については
いかがでしょうか。


練習せずにぶっつけ本番という先生が
意外と多いのではないでしょうか?


もちろん、
1人先生の場合など練習することが
難しい環境もあるかと思います。


動画でもお伝えしていますが、

自分が話している様子を録音して
改善していくのも1つですし、

話し方教室などに
通うのも練習になります。


とは言ってもやはり、
重い腰は上がらないですよね。笑


そんな先生に今日は”1つだけ”
確認して頂けたらと思います。


 ↓↓
>>患者さんとのコミュニケーション”気を付けるべき”ワンポイント



私が思う、
話す事が苦手だと思い込んでいる
先生の共通点は、

「伝わっていると思い込んでいること」

です。


先生も
ご経験があるのではないでしょうか?


僕は伝えたつもりが
伝わっていなかったことが
よくあります。汗


【伝えた】と【伝わった】は違う。


だからこそ、
伝わっているかどうか
ちゃんと意識して伝えること。


患者様にはもちろん、
プライベートも含めて、

私達が思っている以上に

「言葉にしなければ人には伝わらない」

のです。


特に患者様は
治療や身体に関しては素人です。


是非、伝えたいことが
患者様へ伝わっているかどうか
見直してみてくださいね。



===============
【第82話】
治療家が知っておきたい、患者の心を掴むトーク術
>>今すぐ動画を観る
===============




Writer

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」