クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

「新規患者が減った…」今すぐ”この2つ”チェックしてみて【治療院経営】

214 Views


こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


地元、小田原のフードコートで
昼ごはんを食べたところです。


このフードコートには
家族に向けた飲食店が入り、

その販売・売上に関して
しのぎを削っています。


低価格帯で勝負している
長崎ちゃんぽん、

子供が好きなハンバーグで
勝負をしている
洋食屋せんば自由軒キッチン。


他にも、
490円からの手軽さを売りにする
幸楽苑(ラーメン)があったり、

手作りにこだわりを見せている
地元のラーメン屋。


あとは、
個性を放つ『盛岡冷麺』と
石焼ビビンバを売り出す京城苑!


多彩なラインナップがあるけど、

ボクから見るに
ターゲットを理解して商品構成や
値付けをしているか?と言えば
微妙なお店が見受けられる。


以前にも、
こだわりの『焼肉/ステーキ』の
お店がありましたが、、

気がつけば撤退してた。


理由は簡単、
自分のお店しか見てなくて
他のお店がどのような戦略を立てて
販売をしているのかを見落としていたから。


これは、

自分のお店が良いものを
提供している自負があればあるほど
他方を見なくなること。


これに尽きると思います。


お客さんの数は変わらない…
その中で選ばれるというのは、
簡単なことではないというわけなのです。


というわけで、
今回のメルマガでは

『定期的に競合チェックをしてみよう!』

についてお伝えしていきます。



時間と共に激化をたどる業界の現状


コンサルティング業務をしていると
必ずと言って出てくる『問題点』は、

いつもと同じことをしているのに
売上が少しずつ落ちてきたというもの。


まぁ、
分かりやすくいうのであれば
新規が取れなくなってきた…と。


地域の住民の数は変わらないが、

競合他社が多くなればなるほど
『需要と供給のバランス』から
崩れていくことはよくある話。


これは20年前から
起こっていることであり、
今さら言うまでもない事実。


整骨院であれば、

柔整学校の数が増え
柔整師になる先生が増えてしまった。


その結果、
街には整骨院・接骨院が増え

独占資格から一般資格へと価値が落ち
競争が激化してしまいました。


年商で言うと、

2000万→1000万
→700万→400万…

こんな感じですかね。


整体師に関しては
もっと増えており、

民間資格で認定書を貰って
働き口を探し、
スタッフを経験して独立する。


また、この業界は、
設備投資や仕入れ等がなく、
一般的に利益率の高いビジネスです。


参入障壁が低いビジネスにおいて
競争が激化するのは当たり前で、

戦略も持たずに経営すること自体が
そもそも生き残ることはありません。

ビジネスは戦いの側面を持っている


厳しい言い方になるかもしれないが、

あなたと同じことをしている
治療院は本当に数が多い。


そして、
自分が何をやっていいのか
何がしたいのかが不明確な場合、

結局自分で考えず、
他人の真似をしてしまう。


お店の場所、治療方法、施術の値段、
治療院の看板や内装、そしてホームページ。


どれを見ても
個性的な打ち出し方はなく、

コピペで作ったような
お店が本当に多い。


1からマーケティング戦略を駆使して
ブランディング、差別化、コンセプト

こうしたものを
勉強せずに参入した結果が
“今の状態”になっています。


ここから脱出する方法は、

まずは自分がやりたいことをやる前に
顧客のニーズをつかむこと。


そして、
競合となるライバル院を
徹底的にリサーチすることです。


敵を知らずして戦いを挑むことは
負けを意味していることに他なりません。

まずはこの点からチェックしてみよう


ライバルとなる競合店の調査、
リサーチをする場合には、
何からやっていくのか???


それは、

どのような方法を使って
新規集客や患者さんの
獲得をしているのか?を調べることです。


消費者の目線に立って、
魅力的なお店作りをしているかどうか?

この点を調べてみるのです。


分かりやすいところで言えば、

集客の受け皿となっている
公式のホームページです。


ホームページには、

屋号、住所、連絡先、営業時間、
施術方法、料金、連絡方法、写真、
説明文、実績や権威付けなど、

それこそ、

魅力的に見せる
~~~~~~~
工夫が施されているか?
~~~~~~~~~~~

あなたの治療院と
何がどのように違っているのか?

これをチェックしてみて下さい。


ちなみに、
チェックポイントになるのは

どれだけ患者さん・観覧者・訪問者に
丁寧に説明をしているか?です。


言うなれば、
文章量であり、文字数。

(併せて写真の数・イラストの数です)

伝えているか?伝わっているか?


集客が上手くいっている治療院は
とにかく、説明1つでも手を抜かない。


自分が当たり前に行っていることも
消費者目線・消費者に分かりやすく
言葉を選んで伝えることを意識しています。


ライバル院のホームページを見て
気がつくところはありませんか?


1つ、2つ、3つ、4つと
自分なりにでも構いませんので
探してみて下さい。


それらの項目を
書き出してみて下さい。


良い所も悪い所も
書き出すことによって、

自分がライバルと
『差』をつけるために何をするのか?が
分かるようになります。


自己分析/競合分析

定期的なチェックは必要ですので
この機会にやってみてはいかがでしょうか?


まとめ


さて、
今回のメルマガでは

『定期的に競合チェックをしてみよう!』

というテーマでお伝えしました。


自分が望んだ治療院経営や
売上・集客数が維持できて、

なおかつ生活自体も
理想になっているのであれば
言うことはないですが、、

そうでないなら、
時間の流れに任せず
できることを始めていきましょう。


現状維持は衰退!


流れの早い時代の中でやらなきゃ
ならないことはいっぱいありますよ。


では、
本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義、終了!


塾長・早野


★本日の動画はコチラ
 ↓↓




Writer

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」