クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

【治療家必見!】もうすぐ冬の閑散期…売上減の不安はコレやって乗り越えてください!

295 Views

こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


先日、個人的な所用にて
北海道へと足を運んできました。

北の大地における昼は快適で
寒さを感じることも少なく
観光へと繰り出していました。

今回は、
ある程度の時間があったので
1年前にできたばかりの新駅
学園都市線:ロイズタウン駅へ
行ってきました。


駅から徒歩6-7分の所に
ロイズチョコレートの工場があり
一部見学をさせていただきながら
お土産コーナーで、限定チョコを物色。

気が付けば、チョコレートだけで
15,000円の猛出費でしたー!笑笑

・定番の板チョコ
・生チョコレート
・新じゃがを使ったポテトチョコ
・ハロウィーンの詰め合わせセット
・ピスタチオをふんだんに使ったケーキ
・ソフトクリーム

まぁ、甘党にはたまらない
チョコレート尽くしでございました。


しかし、今はいいと思うのですが
これが冬場になると一転、マイナス世界。

ここから各地に配送されることを
考えてみると、冬場の“物流”って
本当に大変なんでしょうね。。。

ん、これって治療院も同じで
季節によって売上が変化する環境も
ありますよね。


というわけで、今回のメルマガでは
『閑散期と繁忙期を考慮してみる』
についてお伝えしていきます。










売上を一年中伸ばすための思考


ビジネスの世界では、一年間を通して
着実に売上を増やすことが目標です。

おそらく、このメルマガを読まれている
あなたも同じ考えだと思います。

しかし、これを実現するためには、
実は、計画と戦略が欠かせません。

特に日本においては環境によって
大きく左右されてしまうことも多く…

北海道、東北、日本海側などの
気象条件が多様な地域を例に取り、
売上を安定的に伸ばすための計画策略に
ついて詳しく説明していきます。


まず最初に、売上における一年間の
目標を設定する必要があります。

一般的に、治療家の先生は、毎月安定して
一定の金額を稼ぎたいと考えています。

例えば、50万、70万、100万、130万…
といった月単位の目標を設定します。

ただし、毎月平均して売上を上げたいのと
安定して同額が得られるのは違います。

それは、先述した気象条件が売上に
影響を及ぼす可能性があることを
忘れてはならないからです。

天候・季節によって集客が変わる!


意外と見落とされてしまうことですが
天候は売上に影響を与える要因の1つです。

例えば、北海道や東北、日本海側など
寒冷地域と呼ばれる寒い地域や場所では
冬季に大雪が降り積もることがあります。

雪が降れば、客足は遠のくし、
特に新規顧客の獲得は容易ではありません。

1月・2月・3月と雪が多くなる時には
5月・6月・7月と比べて集客数が落ち
売上も伸び悩むこともありますよね。


一方、今年の猛暑の場合には、高温に
対処しなければならないこともあります。

今年であれば、最高気温をたたき出した
新潟などがその最たる例で、8月の炎天下に
外出するという、気さえも失っています。


※8月の集客低下は、
全国各地で起こっていたようです。
(※塾生からの報告多数)

これらの天候条件は無視できません。
~~~~~~~~~~~~~~~~

よって、
雪が積もったり、猛暑の日には
外出が制約され、売上への影響が
生じてしまうのです

ここで言いたいことは
単月の売上目標に固執するのではなく、
年間目標を設定することです。

たとえば、
年間で600万の売上目標を設定すれば、
毎月均等に50万の売上を上げる必要は
ありません。

代わりに、天候に応じた柔軟な戦略を
作る必要があると言っているわけです。

123月  合計120万
456月  合計160万
789月  合計180万
101112月 合計140万
          年間600万

過去のデータとそれらを活用した対策


成功の鍵は、過去のデータを分析し、
売上の傾向を理解することです。

過去のデータを元に、売上の低調な期間に
どのような対策を立てるべきか考えましょう。

例えば、特定の月が売上が低い場合、
その期間に割引キャンペーンを実施して
新規顧客を引き寄せることができます。

または、あえて新規集客(広告費)を抑え
その分を集客しやすい時期に回すことも
考えられる一手だと思います。

また、高売上の月には、顧客忠誠度を高める
プログラムを実施して、既存顧客を定着させる
こともできます。

一年中安定的に伸ばすためには、
新規顧客の獲得だけで動くのではなく、
既存顧客の定着化も重要な課題です。

定着化戦略を後回しにすることは
避けるべきであり、新規顧客と既存顧客の
両方に焦点を当てておくことが安定の秘訣です。

年間を通じた計画をしておくこと


売上を一年中伸ばすためには、
計画と戦略が欠かせません。

地域ごとの気象条件やマーケットニーズを
考慮し、月単位の目標設定や年間目標の設定、
過去のデータの分析、適切な戦略の立て方、
外部要因の考慮、柔軟な調整などが必要です。

成功の鍵は、計画を立て、
適切な対策を実行し、変化に適応する
柔軟性を持つことです。

これらの要素を組み合わせることで、
売上を一年中安定的に伸ばすことができます。

成功のためには、
計画をしっかりと立て、着実に実行しましょう。

その場しのぎの思い付きだけでは
末永く治療院の運営/経営はしていくことが
できないのですから。

まとめ

さて、今回のメルマガでは
『閑散期と繁忙期を考慮してみる』
というテーマでお伝えしました。

治療院において
地域性・環境・天候というのは
同じであるということはなく
売上の立て方も同じになることは
ありません。

自分の地域特性に合った
最大売上(年間)を考えるなら
計画性を持って臨んでください。

過去のデータを分析することで
その傾向が見やすくなりますよ。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義、終了!


塾長・早野

Writer

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」