クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 経営

 田村剛志

【重要】治療院の価格設定、どうしたらいい?

373 Views

おはようございます。

治療院コンサルタントの田村剛志です。

全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は、
407ターン目をお届けします。


先日、価格設定に関する
facebook LIVEを
行ったのですが、

予想よりも多くの方が
視聴してくださいました。


価格設定に関しては
語り尽くされたように思っていましたが、

まだまだ価格について迷い、
悩まれている方が多いことに
気が付かされました。


価格設定は
目標を達成するためのものです。


目標とは、
具体的には売上・利益です。


売上は、
利益を得るために必要なもの。


利益は、
自分が目指す生活を
手に入れるために必要なもの。


なので、
目標は人それぞれです。


月に50万円の利益で充分な人もいれば、
月に100万円の利益でも
足りない人もいます。


東京都心部と地方の郡部とでは
かかる経費も違います。


テナントを借りている人と
そうではない人とでは家賃も違い、
集客にかかるコストも違います。


扶養する家族がいる人と
そうでない人で生活費も違います。


また目標を達成するために
費やす時間も人によって違います。


週5日働くのか、週6日働くのか、
生活スタイルによっては
週3日、4日という方もいます。


1日の労働時間も違うでしょう。


10時間なのか、8時間なのか、
6時間なのかで変わってきます。


またどのくらいの忙しさ(稼働率)で
働きたいのか?によっても変わってきます。


さらに、
1回何分程度の施術がやりやすいのか?
によっても変わります。


なので、
価格設定のパターンは
無限にあると言えます。


その全てを書き出すことは
出来ませんので、
考え方をお伝えしましょう。


まずは目標金額を設定します。


月々のランニングコスト、
借入金の返済額など支出額を算出します。


それから、
手元に残したい金額、
生活費や貯蓄したい金額、
投資に回す金額を算出します。


これを合算した金額が
目標金額となります。


例えば、

目標金額 月100万円
月に20日営業、1日8時間だとしたら

20日×8時間=160時間営業


その内の6割が稼働したとして、

160時間×0.6=96時間の施術

100万円÷96時間
=10,417円/1時間あたり

となります。


60分に1人の施術なら
10,417円/1回施術

100万円÷10,417円
=96回施術/月


60分に2人の施術なら、

5,209円/1回施術
100万円÷5.209円
=192回施術/月


実際には
ベッドメイクや会計、
次回の予約取りなどがあるので、

60分に1人なら
施術時間は40~50分、

60分に2人なら
20〜25分程度の施術になるでしょう。


10,417円÷50分
=分単価208円

5,209円÷20分
=分単価260円

となります。


さらに言えば、
回数券や会員制度で割引をするのならば

割引後の価格で上記の金額を
下回らないようにしないといけません。


目標金額が、

月150万円
月に25日営業、1日10時間営業なら

25日×10時間=250時間営業


250時間×5割稼働(0.5)
=125時間稼働

150万円÷125時間
=12,000円/1時間あたり


60分に1人施術で
12,000円/1回施術

150万円÷12,000円
=125回施術/月

60分に2人施術で
6,000円/1回施術


150万円÷6,000円
=250回施術/月

60分に3人施術で
4,000円/1回施術

150万円÷4,000円
=375回施術/月


12,000円÷50分=分単価240円
6,000円÷20分=分単価300円
4,000円÷15分=分単価267円

となります。


このような計算は
面倒かもしれませんが、

ここの理論値、
価格設定が間違っていると、

どれだけ頑張っても
目標が達成できませんので、

自分がイメージできて、
目標達成できる価格設定を
見つけ出してください。


今週も最後までご覧いただき、
ありがとうございます。


また来週!







Writer

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」