クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 直営院のウラ側<まるみえ>

【必見】回数券を断られた…次の一言はコレ!

196 Views

齋藤隆太の最新動画が
アップされました
 ↓↓

 
こんにちは!
治療院経営アドバイザーの齋藤隆太です。


毎週水曜は、僕が経営する院の
お金から集客事情、手技に至るまで
包み隠さず”ウラ側”を公開していく

===========
“完全ガラス張り”の
治療院ドキュメンタリー
『まるみえ』
===========

をお届けします。


今日は、

次回予約や回数券の提案を
断られたときに使える

「でも…と渋っていた患者さんが
 一転して自ら予約していく
 ”断られたときの次のひと言”」

について解説します。

 ↓↓
>>回数券を断られたときは…こう切り返す!


「予定がわからないので…」
「家族に相談したいので…」

治療院をやっていると、
“断られる事”って多々ありますよね。


必要ないなら致し方なし!ガハハと
鉄の心で耐え、柳のように流すことも
精神衛生上は大切ですが、、、笑


“断られる”ということは
サービスの価値が伝わっていなかったり
何かに不安や不満を感じている証拠。


本当は通って良くなりたいのに

「でも、お金がないから…」
「でも、良くなるか分からないから…」
「でも、予定が分からないから…」

と、あと一歩で決めきれない方って
結構いらっしゃいますよね


不安があるなら、
施術者側が最後まで諦めずに
それを解消すればいいだけのこと!


実際、僕の院では
これらの「でも…」に反論処理して
不安を潰していくことで、

驚くほどあっさりと
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
次回予約や回数券が決まります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日の映像では、僕の院で
回数券を断られたときにやっている
反論処理のリアルな様子と、

その”反論処理まで断られたときの対応”を
まるっと公開しちゃってます。


断られたときの対応なんて
恥ずかしいので
本当は見せたくないのですが…

 ↓↓
>>患者さんの心を動かす”反論処理”のコツは…


「手持ちのお金が足りなくて…」

という理由で
患者さんが決められないなら、
クレジットの分割払いを提案する。


クレジットを持っていないなら
お金は次回で大丈夫と提案する。


このように案内できれば、
患者様も少しは安心できるはずです。


よくよく考えてみると、
金銭的な理由や
スケジュール的な理由など、

断られるパターンというのは
大体決まっています。


ですので、パターンに応じた
反論処理を予め決めておけば
その場で言葉にしやすくなります。


患者様が

「続けて通いたいけど…」
「その商品が欲しいけど…」

と悩んでいるのであれば、

何が障害になっているか考えて
その障害を取り除く提案を
用意してあげることが大切です。


動画を最後まで見ればわかりますが、
買いたくない方に押し売りする
ということではありません。


今回の動画でもベテラン先生が
反論処理をしていますので、
ぜひ参考にしてみてください。


===============
【第54話】
「お勧めを断られた…」際の反論処理に密着!
>>今すぐ動画を観る
​​​​===============




Writer

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」