クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

治療院集客、具体的に何をしたらいい?その答えは…

158 Views


こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


先日、所用がありまして
秋田県は男鹿市に行ってきました。


男鹿と言えば、
重要無形民俗文化遺産であり、
ユネスコ無形文化遺産である
『なまはげ』で有名なところ。


男鹿駅の改札を出たら、なまはげ

すぐそばにある道の駅にも、なまはげ

国道101号線には、巨大なモニュメント

JAもJA秋田なまはげだし、
ショッピングモールもなまはげでございました!


もう、ここまで推されると、
頭の中が『なまはげ一色』になります。
(よき、ブランド作りですね!)


そうそう、
そういえば『なまはげ』は
鬼のような面を付けているため、

鬼がやってくる(怖いものがやってくる)と
思われていますが、そうではありません。


なまはげは『訪来神』であり神様です。


怠け心を戒め、厄を払い、
無病息災、田畑の実り、
海や山の幸をもたらすとされている、
ありがたい存在なのです。


勘違いしないようにしたいものですね。
(すみません、勘違いしてましたw)


さて、
今回のメルマガでは

『ファーストタッチを増やそう!』

についてお伝えしていきます。


知らないお店と、ボクと。


先日、リサーチ業務をしていた中で
TikTokを使用中に
『幼稚園』の動画が流れてきました。


それも『生配信LIVE』を
行っている動画だったのです。
(16:45分頃)


それを見た時に感じたことは、

どこのどういった幼稚園かは知らないが
この生配信をキッカケに知る人は
何人も出てくるに違いない。


そして、
この生配信LIVEで話し方や
接し方、考え方、作業等が分かり
人柄も伝わってきました。


本来であれば、知ることができない
そんな幼稚園であっても、
子供を預けたくなる親御さんは
きっと出てくる!

そう、
ボクは感じることができたのです。


集客の問題点を改めて認識する!


ここでお話したいことは、

本来なら
知られることがないお店の情報が
こうしてボクの元に届いている、

ということです。


ボクの生活にとっては、

自ら調べることは絶対にない業種であり、
使う必要性のないサービスそのものです。


しかし、
TikTokを使用中に
『知る』ことができたことは

幼稚園側からすると、
情報が届いた瞬間でもあるわけです。


多くのお店や企業が『集客』に悩み
頭を抱えています。


そして、
これらの問題点としては、

そもそもお店やサービスが
知られていない。


つまり、
露出がされていないことによって
『情報が届いていない』ということです。


ここで、
あなたに一つ質問です。


『あなたの治療院において、
 地域住民へ情報を露出・届けるために、
 何種類の(広告)媒体を
 お使いになっていますか?』


集客対策は〇〇をすることから


いかがでしょうか?

ホームページだけですか?

それとも、ブログやインスタグラム?

新聞折込に、ポスティング?

フリーペーパーや地域新聞?店頭看板?


おそらく、
少ない人であれば
片手で数えるくらいしかないだろうし

せいぜいあっても、10にはいかない。


つまりですよ、
圧倒的に露出量となる
(広告)媒体の使用量として、
種類が足りていない。


だから、一般消費者(患者さん)は
あなたのことを知らない。

知ることができていない
ということなのです。


■集客対策
(広告)媒体の種類を増やすこと。


ファーストタッチって知ってる?


マーケティングを深く学んでいくと、
『ファーストタッチ』という言葉に
出会うことになります。


ファーストタッチというのは、

どんな顧客であっても
そのサービスを申し込む前には、

どこかで企業の情報や
サービスの情報に触れる瞬間があります。


このメルマガを読んでいる人であれば、

“メルマガを登録する広告”であったり
ダイレクトメールであったりしたはずです。


この企業が届ける情報が
消費者に初めて触れる瞬間、

これがファーストタッチです。


集客数を増やす工夫としては

広告の種類・使用媒体数
配布量を増やすことで、
ファーストタッチを行っているのです。


もし、今のあなたが
集客に困っているということであれば、

消費者に触れる瞬間
ファーストタッチを増やすための
工夫を考えてみて下さい。


ポイントは
『媒体の種類・露出量』です。


ボクだったら具体的には何をする?


前提条件として、

ひとり先生であり
そこまでお金をかけることができない
ということであれば、

地域エリアを
絞り込んで『置きチラシ』をします。


自分の人脈を使って

知り合いのお店や
ターゲットとなる消費者が
いきそうなところに、

自作したチラシを
置かせてもらうための施策をします。


基本的には
『置いてもらうだけ』で
作業は完了するので、

気候に左右されるポスティングは
しなくてもいいですし
定期的に補充をするだけで完了します。


WEBを使っていくとするのであれば、

Youtubeショートをするか
TikTokライブをするかに
なるのではないかと、思いますね。


まぁ、なんでもいいので
あなたにとって『露出量が上がる』と
考えられるもので始めて下さい。


まとめ


さて、
今回のメルマガでは

『ファーストタッチを増やそう!』

というテーマでお伝えしました。


多くの企業やお店が売上が上がらず
集客にも困っているのは、

そもそも
知られていないことが原因です。


お店の情報に触れる機会がないため
知ることができない!とも言えます。


集客の基礎として、
まずは知ってもらう。

この活動から始めなければなりません。


ぜひ、あなたの片隅にでも
おいておくことをお勧めいたします。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義、終了!


塾長・早野



本日の動画はコチラ!
 ↓↓



Writer

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」