クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 田村剛志

「なかなか不調が治らない…」その原因、●●かも

203 Views

おはようございます。

治療院コンサルタントの田村剛志です。

全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は、
404ターン目をお届けします。


さて先生は
【新型栄養失調】をご存知ですか?


カロリーは足りているのに、
タンパク質やビタミン、ミネラル、
食物繊維などの必要な栄養素が
不足している状態のことを指します。


その結果、

・疲れやすい
・肩が凝る
・風邪をひきやすい
・太りやすい
・痩せにくい
・不眠

などの状態になると言われています。


先生の院にやってくる
顧客に当てはまりませんか?


実は私自身、
過去にこの状態に陥ったことがあります。


10年以上前、
私は体重が90キロ近かったことがあります。


いくらなんでも太り過ぎだと言うことで、
何度もダイエットに挑戦しました。


糖質制限、ファスティング、
運動と様々なダイエットを行いました。


もちろんその度に
体重を減らすことはできましたが、
しっかりリバウンドしていました。


現在は70キロほどと
20キロ近く体重を落とすことに
成功しました。


これを実現したのが、
栄養素の改善でした。


必要な栄養素を勉強し、
不足している栄養素を補うような
食事を心がけました。


摂りにくい栄養素は
サプリメントで補うようにしました。


すると、
特に運動をするわけでもなく
食事量を制限するわけでもなく
体重が落ちていったのです。


むしろ食事量としては、
以前よりも多いくらいでした。


辛いダイエットよりも
栄養素を意識して摂取するだけで
20キロのダイエットに成功したのです。


とりわけ私が意識したのは、
日本人の食生活で不足しがちと言われる
タンパク質・ビタミン・ミネラルの摂取です。


タンパク質については
先生もご存知の通り、
肉や魚、卵・豆類に多く含まれます。


私は卵や納豆が好きなのですが、
当時は体重が90キロ近くありましたから、

必要摂取量を食事で補うのが
大変だったため、

プロテインでタンパク質を
補うようにしていました。


※タンパク質の1日あたりの
 必要摂取量は体重1キロごとに1グラム


ビタミン、ミネラルについては
野菜や果物、海藻藻類に
多く含まれる栄養素になるのですが、

出張の多い私にとっては
なかなか摂りずらい食品。


もちろん、
意識して摂るようにしていても、

一般的には1日350gの野菜を
摂ることが推奨されているわけですが、
この量を毎日摂るのは困難。


なので、
野菜ジュースやサプリメントで
補うようにしていました。


施術家の先生の中には
サプリメントを不自然なものとして
嫌う方もいらっしゃいます。

(私もそうでした。
 なんか怪しいと思ってました。)


ですが、
実践してみると必要な栄養素を
食事だけで補うのは大変です。


また、
必要栄養素を食事だけで摂ろうとすると
今度はカロリーオーバーになってしまう
リスクがあります。


更に言えば、
食事で必要栄養素を補う場合、

毎日マメに時間をかけて
自炊ができる方でない限り、
費用もかかります。


サプリメントは高いという
イメージがある方もいると思いますが、

1日あたりに換算すると
意外と食費よりも安いことが多いです。


新型栄養失調と
その対策について学ぶことで、

施術だけでは対応できない
顧客の悩みに対応できるかもしれませんね。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。




Writer

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」