クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 田村剛志

初診がカギ!リピート患者を増やす”●●思考”とは…

457 Views

おはようございます。

治療院コンサルタントの田村剛志です。

全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================

本日は、
383ターン目をお届けします。


私は自社でのミーティングや
コンサルティングの中で、

新規顧客への対応を
ヒアリングしています。


リピートして頂けなかった場合は
もちろん、

リピートいただけた場合も

「なぜそうだったのか?」

という点を確認していきます。


うまくいかなかった際の確認は
行っている先生も多いかと思いますが、

うまくいった時こそ、

「なぜうまくいったのか?」

を確認するのがいいです。


なぜなら、
これをする事で
自分の勝ちパターンが見えてくるからです。


勝ちパターンが見えてくれば、
リピートをいただくために
何が必要なのかが見えてきます。


リピートをいただくには、

・課題抽出
 お体や生活習慣の課題を共有

・関係性構築
 先生としてのポジションの確立

・目標設定
 手に入る未来の設計

・効果の証明
 施術に効果があることを証明

・疑問の解消
 施術を続けることへの疑問解消

・通院計画
 来店ペースや料金の調整

このような要素が必要です。


リピートがいただけない場合は
目標設定が甘いケースが多いです。


症状の改善が目標になってしまうと、
症状が改善された段階で目標達成なので
リピートはいただけません。


大事なことは、

「なんのために
 症状を改善したいのか?」

という事。


症状があることが問題なのではなく、

症状があることで生活に支障がある、
将来に不安を感じている事が
問題なのです。


そこを顧客と先生が共有し、
明るい未来の目標設定していく事が
重要です。


ぜひ、初診時の参考にして下さい。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。


また来週!






Writer

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」