クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 田村剛志

【必見】「新規集客数を増やしたい」先生へ

538 Views

おはようございます。

治療院コンサルタントの田村剛志です。

全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================

本日は、
381ターン目をお届けします。


「新規集客を増やしたい」

「リピート率を上げたい」

という相談はよくあります。


それはなんのためですか?

「売上を上げたいから」


はい、そうですよね。


結局、
施術業界で売上を伸ばすには
新規集客とリピート率が重要です。


あとは価格設定や施術時間でも
売上の上限が変わってきます。


では、
ここで考えていただきたいことがあります。


それは、

顧客側にとって
どんなメリットがありますか?

新規集客で言えば、
他のお店に行くよりも
貴方のお店に行くメリットはなんですか?


他所よりも良くなるから?

その根拠、証拠はありますか?


他所で良くならなかった人を
ターゲットにするなら、

施術結果の良さを証明していくことで
集客に繋がるでしょう。

※それ以前に
 発見してもらう必要がありますが…


しかし、
施術マーケット全体の7割を占めるのは
軽度の肩こりや腰痛といった症状の方です。


他で良くならなかった方の数は
少ないですから、

新規数を増やしたいのであれば
ライト層に選ばれるようにした方がいいです。


ライト層の肩こりや腰痛は
案外どこに行っても楽になっています。


それほど専門知識もなく、
技術力が高いわけではない
リラクゼーション店などが
繁栄しているのはこのためです。


症状の改善という面では
不安がない人が多いのです。


だから、
症状の改善だけ考えれば
どこでもいいのです。


では、
ライト層に選ばれるためにはどうしますか?


顧客の立場になって考えてみましょう。


口コミが多いお店と
口コミが少ないお店、
どっちを選びますか?


利便性の高い場所、
利便性の高い営業日で営業時間のお店と
そうでないお店どちらを選びますか?


メディアに取り上げられているお店と
そうでないお店、どちらを選びますか?


有名人が通っているお店と
そうでないお店、どちらを選びますか?


歴史あるお店と歴史の浅いお店、
どちらを選びますか?


まだまだありますが、
施術者目線と顧客目線では
いいお店の基準が違います。


施術者はどうしても技術力、
施術結果に着目しがちですが、

見込み客からすれば
受けてもいない施術の良さは
わかりません。


そもそも、

「肩こりや腰痛の施術結果なんて
 どこでも一緒でしょ?」

と思っている見込み客も多くいます。


ご自身が虫歯になって、
歯医者を選ぶとしたら
どういう基準で選びますか?


風邪をひいて内科を選ぶとしたら、
どういう基準で選びますか?


虫歯が治るのも、
風邪が良くなるのも
当たり前だと感じませんか?


では、
施術結果以外の何を基準に選ぶのか?


これが顧客目線になります。


ぜひ一度、
顧客目線で集客を
見つめ直してみてください。


長くなってしまったので、
リピートについては
来週にお伝えさせていただきます。


今週も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。


また来週!

Writer

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」