クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB対策

【Googleマップ】治療院を引っ越しする際、〇〇はNG

303 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
高木です。

本日もよろしくお願いします!


2月も終わり近づき、
少し寒さも和らいで来ましたね。

冬も終わりが見えて、
新年度に向けてあわただしくなってくる季節です。

この季節に多くなるイベントは・・・
そう、引っ越しですね。

クドケンで関わりのある治療院の先生からも、
年明けからちらほら引っ越しのお知らせが届いています。

ただですね、WEB集患において
引っ越しの際によくある失敗があるんです・・・。

それは、Googleマップの店舗情報を
二つに増やしてしまうこと・・・!

今回は、なぜそれがダメなのか、
どうすればいいのか解説します!

■本日の動画

↓ ↓ テキストで読み進める方はコチラ ↓ ↓

■Googleビジネスプロフィールの二重登録はNG

見込み患者さんが、お店を検索するときに
よく使われるツールであるGoogleマップ。

「新宿 整体」などで検索すると
検索結果の上の方によく出てくる
地図表示の部分ですね。


スマホのアプリを使っている人も多いです。

そして、Googleマップに店舗情報を出すツールとして
Googleビジネスプロフィールがあります。

引っ越しした際によくある失敗なのが、

「Googleビジネスプロフィールで
店舗アカウントを二つ作ること」

要するに、
前の住所の店舗情報を残したまま、
新しい住所で店舗情報を
Googleマップに登録してしまう・・・
ということですね。

店舗情報を二重で登録してしまうと、
検索者が「同じ店舗の情報が違う場所にふたつあるぞ・・・?」
となり、迷わせてしまいます。

結果、Googleの評価が悪くなり、
表示回数が減ったりして、
集客に悪影響が出る・・・・

ということなんですね。

 

■住所は同じアカウントのまま変更できる。

店舗を引っ越しした際は、
同じGoogleビジネスプロフィールの
アカウントのまま、
住所だけ変更しましょう。


そうすれば、情報が二重になったりせず、
店舗情報の表示が引っ越し先に移ります。

ただし、住所を変更する際は、下記の注意点があります。

・住所を変更すると、再度オーナー確認が必要になる可能性がある。
・住所の変更反映まで時間がかかる場合がある。
・店内の内装や外装が変更された場合、ビジネスプロフィール内の
写真や動画も変更が必要になる。

【オーナー確認とは】
その店舗情報の所有者かどうかを
確認する行程のことです。

基本的に、
Googleから店舗へ確認の電話がかかってきたり、
ハガキを通じて確認が行われます。


オーナー確認後に審査期間があり、
審査に通ったら情報変更が行われます。

場合によっては、住所変更をするだけでも
2週間から1ヶ月ほどかかることもあります。

引っ越しが決まったら、
前もって変更準備をしておきましょう。

 

■まとめ

今回は、
店舗を引っ越した際に
Googleマップの店舗情報を
二重登録してはいけない!

というお話をさせていただきました。

引っ越しの機会はそこまで多くはないと思いますが、
いざと言う時に覚えておいて損はない知識ですし、

交流のある先生が引っ越しを検討している際には
注意点として教えてあげてくださいね。

どうしても分からない…ということがあれば
クドケンまでお問い合わせください。

お問い合わせはクドケン公式LINEからも
すぐに行えます!

是非この機会にご登録ください。

Writer

クドケン高木 クドケン高木の記事一覧

整体院・鍼灸・整骨院・接骨院、いわゆる「治療院」におけるWeb集客のプロ。クドケンSEOチームマネージャー、Web集患ディレクター。得意分野はGoogleを味方につけるアクセス集め。MEO(Googleマップ対策)でもクチコミ数8倍アップ、新患20名増など実績多数。趣味は野球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」