クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

【ウソ?ほんと?】自費はHP集客できないのか

284 Views

皆さん
おはようございます!

ウェブ集客コンサルタントの
湯浅と本です。

今日も2人でお送りします


保険診療だけでは
経営が厳しくなっている今、
自費診療への移行が
経営の鍵を握っています。


しかし、
保険診療に依存していると
「自費で集客できない」と思い込み、

多くの治療院が
チャンスを逃すことになります。

今回は
そんな多くの先生が勘違いしている
自費診療移行について解説します。

■本日の動画

テキストで読み進める

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

■自費患者と保険患者の違い

まずは
自費患者と保険患者の違いについて
理解しましょう。

最大の違いは
”顧客層の違い”です。

保険を利用される方々は
「患者さま気質」で
元々施術を受けるのが好きではないと
思っている方が多いです。

そこに時間とお金を投資する
価値観は持っていません。


一方で、
痛みや症状があるから
仕方なく施術を受けに来ている方々。

自費診療を利用される方々は
「お客さま気質」です。


元々、
施術やカラダのケアに
時間とお金を投資することに
積極的な人たちです。

痛みや症状がなくても、
より良い状態を作るために
施術やカラダのケア・トレーニングなどに
時間とお金を投資している方々など。

この違いが大きいです。

 

■自費移行、成功への道

保険を利用される
「患者さま気質」の方々は
痛みや症状の早期改善にこだわり、

少しでも安く
施術を受けたいと望みます。


対して
自費診療を利用される
「お客さま気質」の方々は
体調を整えることはもちろんですが

施術を受ける事、
施術院でサービスを受ける事を
楽しみにしている人々です。


 

■見落としがちな院内の○○

お客さまが本当に求める
価値提供の方法について
掘り下げます。

保健を主にしていらっしゃる
院のベッド間隔が狭すぎて
驚くことがあります。


自費で数千円払って
この環境だったら、
リピートしないと思いませんか?

日本人は広さに価値があることを
よく知っています。

ホテルの部屋は
より広い方が料金が高くなることに
違和感はありませんよね?

 

当てはまる院は
まず「院の環境」から整えましょう。

整えた後は
HPに院内の雰囲気や
快適な環境を提供していることを
掲載し直しましょう。

 

自費への土台作りは
まずそこからです。

自費診療の集客に関する不安や疑問、
具体的な相談があれば
クドケンにお任せください!

あなたの治療院が
自費移行成功するための
一歩を踏み出すお手伝いをします。


ご相談はこちらから

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」