クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 単価アップ・自費移行

 早野 隼翔

【年60万円UP】患者さんに嫌われない”値上げ法”って?

97 Views

【年間60万円増!】

患者さんを離さない
“値上げ法”って?
 ↓↓


こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


本日は
仕事と食事を兼用するため
自宅近くにあるマクドナルドに
やって来ました。


いつもは朝早くに来るので
朝マックセットを注文していますが
今は12:52でコンビは注文できず。


では、久しぶりに
ランチセットをいただくか?ということで
普段は食べない『ビッグマック』を注文!


ポテト&ドリンクのセットだと650円!


まぁ、ランチだしこんなものか?と
特に気にもしなかったのですが、
今、飲食業界は値上げのラッシュ中!


・光熱費や材料費の高騰
・流通/運搬にかかる燃料費
・最低時給では来ない求人


今あるサービスを維持しようとすると
どうしても、値上げに踏み切らざるを得ない。


これが、
今と同じ値段で同じサービスを
維持していこうとすると、

どうしてもその分
“経費”を見直すことになる。


高騰している材料費を落とすことなく
既存の各種経費をかけるのであれば、

販売価格が同じであれば
どうしてもランクの低い材料に変わるし、
採用も時給の安い外国人を使わざるを得ない。


結果、質の悪いサービスとなり、

以前はこんなにも良かったのに
今では”行くに値しないお店”という
レッテルを張られてしまう。


こうなると、
負の状態から脱却するには

とんでもなく時間とお金を
ロスすることになってしまうでしょうね。


というわけで、
今回のメルマガでは

『値上げをするなら告知して』

についてお伝えしていきます。

 ↓↓



治療院も見直す時期に来ている!


以前から言われていることですが、

整骨院などの『保険施術』の場合は
自分の意思や自己都合において、
料金を自由に設定することができません。


そのため、
社会全体で物価上昇が起きた場合は
売上を上げていたとしても
自分の生活水準を落とすことになります。


※例えば月商50万円あっても
 自分の生活を維持していく費用が
 大幅に上がれば『利益』が残せない。


では、
整骨院で利益を残すためには、
どのようにするのか?


それは、
今以上に患者さんを
たくさん集めることが求められ
数をこなすこと以外に対策が取れない。


他の対策を考えるのであれば、

・自費診療の導入/切り替え
・物販の強化
・コンテンツ販売(別事業)

このようなことをすることになります。


整体院/自費組はどうするか?


整体院(または自費組)において、

“生活水準を維持する”ためには、
コストの見直しをするか、

もしくは
売上を上げることを考える必要があります。


選択肢としては、

【1】患者さんの数を増やす
【2】支払ってくれる金額を増やす
【3】現在の出費を抑える

このようになります。


しかし、
出費を抑えるにしても
必ず”限界”は来ますし、

必要経費を支払って
残った金額で生活ができれば、

特段問題はないのですが、
現実、そうはいかない。


では、
どのように利益を残すのか?


それは『値上げ』をして
支払ってくれる金額を増やすことです。


値上げをするということは、

整体院において
利益を増やすことを意味しており、

その実施においても、
大幅な経費が掛かるものではありません。


つまり、
値上げしたら値上げした分だけ
『利益の確保』が容易だということです。


ちなみにやることは、

料金表を書き換えるだけで済みます。
~~~~~~~~~~~~~~~~


値上げをするなら、10~15%以内が無難


ボクもちょくちょく聞かれることですが、

値上げをするのはいいが、
実際どのくらい値上げをすればいいのか
分からないという方がいらっしゃいます。


現在の集客状況や稼働率なども
本当は考慮しなければならないのですが、

一言でお答えするなら
『10~15%』くらいが
妥当だと考えています。


今まで施術料金5000円で
やられている治療院であれば
新価格は5500円で表記するし、

今まで施術料金6000円で
やられている治療院であれば
新価格は6600円でやることです。


これは、
なるべく既存の患者さんを
離脱させることなく積み上げる方法で、

そもそも
患者さんの数が少ないのであれば
一気に値上げしてしまうことでもOKです。


新規に向かって
大幅な料金にするのか。


既存に向かって
控えめな料金にするのか。


前提条件・戦略によって
変わりますのでね。


告知はきちんとしておきましょう!


値上げを実施するなら
既存患者さんへの告知・周知は
もちろん必要な行為となります。


その際には、

値上げをするに至った経緯を記すこと、
ご不便をおかけすることへの謝罪を
同時に行うことです。


納得させるだけの説明がない場合、

一方的な通告(お店のルール変更)で
嫌な思いをしてしまって終わります。


そうはならないように、
整合性のある理由を告知して下さい。


内容に関して言えば、

【1】今の品質を維持するための値上げ
【2】品質をより高くするための値上げ

このどちらかになります。


現在の日本における物価上昇において
値上げをするのであれば、

【1】の品質維持
を理由とする文面で行うといいですね。


1,導入
 この度、価格変更に関する
 お知らせをさせていただきます。

2,理由
 より品質の高い価値を提供するために
 努力を重ねてまいりました。
 
 しかしながら
 諸経費における価格高騰により、
 現価格の変更を余儀なくされる
 結果となりました。

3,理解への要望
 品質向上や持続可能に向けた
 取り組みを進めるためにも、
 ご理解いただけますと幸いです。

4,実施日と価格
 価格変更は4月1日より
 適応される予定でございます。

 【価格変更の内容】
 旧料金:5000円
 新料金:5500円
 変更日:2024年4月1日

5,署名
 山本整体院 山本清二


まとめ


さて、
今回のメルマガでは

『値上げをするなら告知して』

というテーマでお伝えしました。


値上げとひとえに言っても
主な目的とした理由には2つあり、

現状維持させるための値上げなのか
それとも発展的な値上げなのかです。


ただ単に、
何の理由もなく値上げをしてしまうと
不信感が残り、
顧客の離脱が起こりかねません。


また、告知をするにしても
顧客が納得できるものであり
整合性が取れないものはダメです。


お金を支払うのは
『人』だということを肝に銘じて
取り組んで下さいね。


では、
本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義、終了!


塾長・早野






Writer

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2024 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」