施術時間を""短くする""と整骨院 集客 リピート率が上がる理論

From 中野のスターバックスより、、、


こんにちは、治療院集客 株式会社クドケンの工藤です。


本日はある「重要な事実」をお伝えしたいと思います。


それは、時間が短いほうがリピート率が上がるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日の動画はこちら=====================


「短時間の方が満足度が高い理由」

⇒ 

音声のみはこちら...

http://kudokenn.com/music/shortt.mp3


==========================================================

多くの治療家もしくは経営者の方は 


『時間が長いほうが満足度が上がってリピート率は上がっていく』


と思い込んでいると思います。


でも、実際は施術時間が短いほうがリピート率が高くなる治療院が
意外と多いのが現実です。


もちろん、値段を下げるというわけではありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


誰が決めたのかわかりませんが治療院業界の相場というものがあります。


1時間5000~6000円 、 1分単価 100円 くらい。

しかし、僕のクライアントさんの整体院グループでは
患者さん1人にかける時間は20分~30分ですが、
とても繁盛していて新規予約がほとんど取れない状態です。

それは、1人20分程度の施術時間でも患者さんが満足して
その場で次回予約を入れていくからなのです。

だから平スタッフでも月商150万円以上を
コンスタントに売り上げることができます。

また、ある千葉の有名な先生は1人10~15分で
患者さんを次々回しています。

1人で月商300万円以上をずっと継続されています。

このことを考えると、

施術時間が長い ≠ 満足度が高い

というわけではないようです。

結論として患者さんに納得してもらえば、
施術時間の長さは満足度と直接は関係ないということです。


では、施術時間が短くても仕組みで繁盛している治療院は
何が違うのでしょうか?

ここを知りたいですよね。


もちろん手技の違いは多少あります。

50分なら50分かならず時間をかけないと
効果が出ない手技の場合は仕方ありません。


でも、ある繁盛治療院の院長がいうには
施術時間の長さは治療家の思い込みの部分もあるということです。


つまり、固定概念を捨てて30分で終わらせると決めれば
短くてもほぼ同じ結果をだせるということです。


僕が見ていて気が付くことは、短時間での満足度は
手技ではなくて患者さんへの説明にかかっているということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初診来院時にどんな説明をしているかで
患者さんの治療に対する意識や捉え方がかわるのです。


もともと患者さんは治療においてはズブの素人です。


患者さんには治療に関しての基準がないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから、よほどの治療マニアや関係者以外は
治療家側が自信をもって説明すればその通りだと認識します。

つまり、治療前にする説明で患者さんに

""治療時間が短い理由・複数回通うべき理由""
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^^^^^
をしっかりと伝えるということが重要です。


具体的には


「リラクゼーション」と「治療」との考え方の違い

「治療院側の治療に対する考え方」

「短時間で終わる理由」

「複数回通うべき理由」

「体のメカニズム」

「回復までの道のり」

「治療回数について」


などをきっちり説明します。

トークとしては


「うちはリラクゼーションではないのでマッサージなどはせず
骨格矯正に特化しているので施術時間は短いです」


「治療は一回でよくなることもありますが、
○○さんくらいの症状だと○回くらいで改善がはっきりわかります」


治療法や治療家さんの考え方でトークはアレンジする必要は
ありますが基本的なコンセプトは同じです。


患者さんの本心としては、、、


1、症状がよくなれば治療法なんてなんでもよい

2、症状がよくなれば施術時間はむしろ短いほうがよい

3、症状について原因がわからないので治療家側にリードしてほしい


ということがあります。

リラクゼーションでもないのに
長時間なんて受けていたくないですよね。

リラクゼーションは気持ちいいので長いほうが喜ばれます。


でも、治療ということであれば短いほうが喜ばれます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あとは治療家側の『言い切り具合』にかかわってくるのです。


治療家から滲み出る自信といいますか、
風格に患者さんは引きつけられ信じるのです。

このあたりのことをしっかりできている治療院や
スタッフにも浸透している治療院は、
主導権が治療院側にあります。


次回予約もどちらかというと治療院側が
きめていく雰囲気があります。

治療時間にこだわっていたり、説明をせずに
患者さんの満足度を気にしている治療院は
主導権が患者さん側にあります。

次回予約するかどうかは患者さんが
決めている雰囲気があります。

施術が短時間のほうが繁盛する治療院の秘密は
この部分が違うんですね。

是非、この考え方を今一度確認してほしいと思います。

=====================================

2012/06/04 | 治療家のための成功思考法

<< 前の記事 次の記事 >>


信頼できる業者を選ぶ8つのポイント

採用情報はこちら!

治療院経営のヒント

治療院経営を成功に導くブログ

工藤謙治公式ブログ